12月の始まりとアコースティックライブのお知らせ

どうもオガーです。12月に入った途端、いきなり冬の雰囲気になりました山形県酒田市からお送りしております。

さすがにすぐ溶けはしますが、パーっと雪が降りましたね。

近年、比較的暖冬が続いてましたが、さて今年はどうなるんでしょう?

スポンサーリンク
アドセンス




12月3日(日)はアコースティックイベント

いつもお世話になっているMischievous Boyさん主催の第2回アコースティックライブが明日(12月3日)行われます。場所は港座大劇場。

僕は前回と同じくアコースティックギターを手にremember love?という女性とのコンビで出撃。カバー曲を何曲か演奏しますよ。

そ。じつは僕、バンドではドラムでしたが、普段はギターも弾くのでございます。というかギターを弾く方が好きです(言っちゃった)

とはいっても基本的に「音楽といえばロックンロール」という偏った感性でここまで来てしまったので、どんなギターを弾いてもどんな曲を演奏しても、なんだか似たような感じになるのはご愛嬌。

ま、それは仕方がないのですよ。それにおれのギターは半分打楽器なのだよと思ってますし。

ところで第一回目のイベント後にも書きましたが、昔からMischievous Boyさん主催のライブイベントは雰囲気がとても良くてね。

自分もそれなりに釈迦力になってバンド活動をしてた時期が長かったんですけど、恥ずかしながらそんなときには見えなかったものに気づかさせてくれるんですよ。なんというか音楽を純粋にライトな感覚で楽しむということが。

バンドマンに限らず、何かを追及してる人って、いつの間にか武士道みたいなフェーズに突入しちゃうんです。もちろんそれは至極当然のカタチですし、そういった連中がムーヴメントの先端で牽引するもんなんですけど、別の目で見れば支えてるのはライトな層なんですよね。

ライトな層なんていうと軽く聞こえるかもしれないけど、いやいやそうじゃなくて。

世の中「音楽が全て」の人もいれば、「たくさんある楽しみの中のひとつ」の人もいるし、それこそ「まだ入り口に立ったばかり」の人もいる。

そういう人達に共通するのは「音楽が好きですよ」ってことであるわけで、そしてMischievous Boy界隈の人達はそれを大前提として「みんなで楽しもうぜ」的な雰囲気が自然に作り出されてるというか。

ほら、僕なんか半年前から写真とか撮って、ブログなんかに「ほらほらみてー」と言わんばかりにアップしてますけど、これだってね、ささやかな楽しみでやってるわけですよ。

当たり前ですけどこの世界だって奥が深いんですから、ちょっとかじっただけの僕が5年、10年、何十年というキャリアの人達と同じ場所に立ってるわけがない。立てるわけがない。

そんな僕みたいな人達に対してね、「そんな恥ずかしいものを人前に出すな」とか「もっと修行せい」とか「もっといい道具に買い換えろ」とか言われるようなメンドクサイ世界だったら、今すぐ僕はやめてカメラのキタムラに売っ払いに行きますね。つまんないから。

ま、そんな感じでね、とにかくそういった排他的とか閉鎖的とか、そういう言葉から一番遠いところにいる気がするのよね、このイベントに足を運ぶ人は。これってすごく大事なことなんだけど、結構難しいとも思うんですよ。やはりマスターのナオキ君の人柄なんでしょうか。

というわけでしてね、誰でもウェルカムなイベントでございます。これは僕が約束しますよ。ぜひ興味のある方は僕に連絡くださいませ。

あ、そうだ。

僕がこの春まで一緒にバンドをやっていたギター弾きのテラウチ君、彼も出演するのであります。これはこれで僕は楽しみなのだ(笑)

テラウチ君。

最後に

昨日12月1日は僕のセガレの誕生日でした。7歳になります。つまり僕が人の親になって7年ということか。

自分の誕生日よりも嬉しいよね。これからもふんどし締めなおして頑張ります。

イベント詳細

「Mischievous Revers Vol.2」

2017年12月3日(日)港座大劇場にて 

開場16時30分 開演17時00分

チケット代 1500円(ワンドリンクが付きます)

<出演>

AWAX

イルマーレ

タイガーモス号

BAGAYARAWs

LUNATIC★TERATIC

ぷるぷるてんぷるず

remenber love?

アクセス

僕への問い合わせ

スポンサーリンク
アドセンス




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス