四月だし、何か新しいことを始めようかと。

どうもオガーです。世間は入園・入学・入社シーズンですネ。ウチの妻(職業カメラマン)も連日そっち方面での業務で大忙しみたいであります。

セガレの春休みも今日で終わり明日から2年生。

そんな彼には先日中古のカメラ、OLYMPUSのSTYLUS1を買い与えました。今日は天気が良さそうなので、夕方から2人で日和山公園にでも写真を撮りに行って、帰りに食事でもしてこようかと思っております。レビュー含め、そのへんは後日改めて記事にするつもりです。

さてワタクシ。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、僕んちは自営業でありまして、しかも家族3人だけでやっている小さな商売です。

つまり新入社員もいなければ定年退職も人事異動もないし、飽きもせず何十年も同じ顔ぶれで仕事を行っているわけで・・・いや、実際飽きるんです。飽きるというか、その流れに身を任せてるといろいろと世間の感覚とズレていくというのを実感するわけで。

したがって僕と言う人間は節目というのを自ら過剰に意識して生きているタイプでして、つまりピリオドとかセクションをその都度ビシビシ打っていくのがクセになってしまってます。

よく応援系ソングの歌詞なんかで「誰かが決めた○○に合わせることはない!君の思うがままに生きろ!」という内容をよく耳にしますが、僕から言わせればそれは決めてくれる誰かがいるぶんだけまだマシってもんですよ。僕みたいなのがありのままに生きたら大変なことになりますからね。

そんな感じでですね、そんなセルフサービスで節目を打ちながら生きている僕から言わせると、四月ってのはとっても重要な月ですね。

スポンサーリンク
アドセンス




四月の風

それこそ誰が決めたのかわかりませんが、四月をスタートの月として指定したのはなかなか素晴らしいですね。

だって冬から春にかけてのこの、風がガラっと変わる感じが始まりにふさわしいじゃないですか。海外じゃ9月とかが多いんでしたっけ?

いやー、田んぼが黄金色に染まる頃にスタートって僕はちょっと嫌だな。ずっと日本はこのままでいいですよ。

エレファントカシマシ「四月の風」

そんな四月に毎年僕は「何か新しいことを始めなければ!」と勝手に思い立ってるわけです。だって正月とかそんな気分にならないでしょ。寒いから何もしたくない。

そうそう、このブログを始めたのも昨年の四月でした。

きっかけはいろいろあったんですけど、その中でもせっかく買ったカメラを活用したかったってのがありましてね。

というか「もっと動画の腕あげたいよねー」ってのが根底にあって、となると結局は「撮影技術を上げないと話しにならんよねー」となるわけでして。だったら「もっと写真も勉強しないとあかんよねー」と。

あとは好きなことを好きなように書きたいな、と。

写真を撮ってアップするだけだったらSNSでいいんですけど、そこはほら、アレって共有スペースだから好き勝手何でもやっていいわけじゃないじゃないですか。

その点ブログはね、自分でスペースを借りて自分で作り上げてるコンテンツですから、そこはある程度自由にやれるわけですよ。

おかげさんで最近は検索エンジンの方からのアクセスが多くてですね。最初はフェイスブックやツイッターから来てくれる人がほとんどだったんですけど、現在ではGoogleやYahoo!からが圧倒的に多いです。

ま、お目当てはほとんどゲームとカメラの記事ですけどね。

それでも前々から言ってる通り、関連記事に出てくる雑記や写真で、僕の地元のことを知らない方にもいろいろ目に触れてもらえてるので、そこは結果オーライかな、と。

というわけで

今年度も何か新しいことやりたいな、と思ってるんですけどね。

プランとしては4月中にアイディアを練って、ゴールデンウィーク中に始めるか下準備を徹底してみたいな感じで。

個人的にずーっと思ってるのは僕のYouTubeチャンネルのことです。あれをどうにかしてもっと上手く活用したいな、と。・・・何べんも言ってる気がするけど。

何かいいアイディアがあったらどしどし応募ください。もちろん参加者も。

「アイディアはあるけど動画編集やチャンネル管理が面倒で」とか「今度イベントあるんだけど紹介して欲しい」とかね。そういう人はバンバン利用してくださいよ。僕のチャンネルにアップするんであれば、もちろんタダでやるから。

そんな感じでですね。2~3月が忙しかったぶん、その反動というか、「さぁ、早くオレに次の何かをやらせてくれないか?」状態に入ってるワタシ。

問い合わせフォーム貼っておきますので、ご遠慮なくお願いしますね。

ではまたっ!

スポンサーリンク
アドセンス




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス