バンドと集客とライブハウスについて

「動因の少ないバンドはライブするのを止めてもらえないだろうか」

こんなタイトルの記事を読んで、同調する部分&ちょっと待ってくれという部分が同時に湧き出てきたので、バンドおじさんなりに見解を書いてみた。まず、その上記の記事を読んでもらってからの方がわかりやすい、と思う。

まずライブハウスにはいろんな思惑のバンドがいる。例えば商業的な成功を目指すバンド、まだ始めたばかりなんで、お金を払ってでもライブハウスのステージを体感したいバンド。でも、この両極にいる存在はわりと少数で、ほとんどは「音楽が好きでやまないし、何かしらの使命感も持ってはいるが、あまりビジネスライクな方向にいきたくはない」というバンド、じゃないかと思う。僕もそう。
 
じつはこの層がやっかいで、簡単にいえば「メシの種は他で補えるから、音楽活動では好きなことしかやりたくない」というのが根底にある。
 
ね?やっかいでしょ?先に書いたようなとりあえず次のステップが明確な連中になら経営者側(ライブハウスね)もコントロールもサポートもしやすいと思うんだけど、この層は結局何を目指しているかがぼんやりしてるんでどうしようもないんじゃないかと思う。
 
ここからは持論。
僕は集客もバンド活動のひとつだと思っている。好きだとか嫌いだとかではなく当たり前という感じ。
もともと音量的にロック系のバンドは制約がある。道端で簡単にドカドカやるわけにもいかないので、結局はそういう環境が整ったライブハウスを利用させてもらうしかない。
 
だから自分はそんなライブハウスに「いつもお世話になってます」的な意味で与えられたノルマ以上の集客を心掛けるのは当たり前だと思ってやってるし、万が一、そのノルマ数すらいかないときがあった日には「すいません」とひと言謝っている。
 
最低限のおカネさえ払えばいいわけではないのだ。その日のイベントの貴重な出演枠を与えられたんだから、それ以上で応えなければいけないな、と思うのは至極当然なんじゃないかなと思う。
 
しかし、それが難しいバンドがいるのもわかる。もともとマニアックに分類されてしまう音楽を広めようとしているバンド、コワモテのイメージが売りのバンドなんかがそうだ。
 
じつはこれも簡単で、そういうバンドはきちんと報酬払ってマネージャーなり広報担当者を雇えばいいのだ。だって「音楽の中身、バンドのイメージを崩したくないけど仕事してるんでお金はありますよ」って身なんだから。
 
人をあの手この手でたぶらかして、全て自分の利になるようにコントロールしてるのも稀にいるけどね。あれはやめた方がいいと思う。そういうのは善意が悪意に変わってはね返ってくるのも一瞬だから、素直にその都度対価を払うのが一番。
 
そんな大げさな、と感じる人もいるかもしれないが、目指す方向がどうであれ、ライブハウスを主戦場に活動を続けていくってのはそういうことなんじゃないかなと僕は思う。もっといえば、ライブハウスバンドは、今そういうポジションに置かれている。置かれてしまっている。
嫌な言い方だけどそういう時代になってしまった。今はバンド側が思ってるほど、大衆は生演奏を欲してないんじゃないかとさえ思う。良し悪しじゃない。そういうふうに時代が進行した。
 
進行したにもかかわらず、ライブハウスもバンドも過度期とも呼べた90年代に確立したチケットノルマ制というシステムが未だに標準なのはこれもじつはおかしい。もともとあのシステムは「集客が多いバンドもそうでないバンドも一定のギャランティなのは不平等なので、自分達の取り分は自分達で決められる」という部分があったから定着したという記憶がある。じゃあおまえが代替案を出せよ、と言われるかもしれないが、それは僕の仕事ではない。
 
長々と書いてしまったが、「いい音楽」を生み続けることが出来るのであれば、こういう下世話な話は全て引っくり返せるということは言うまでもない。その「いい音楽」ってのが今の僕にはイマイチわからなくなってしまっているが。
 
スポンサーリンク
アドセンス




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス




コメント

  1. BAGAYARAWs より:

    ありがとうございます。
    やっぱりオガワさんの考え方好きですね。良いとか悪いとかキリがないこと語るより質の良い広報雇いますわ(苦笑)

    • oga-tv より:

      コメントありがとうございますー。
      そっすね。自分のことを宣伝する、というのはロック系の人の美意識に反することが多々あるのはとてもわかりますからあのように提案したんす。

      ちなみに「というわけだから、みなさん僕を雇いなさい」みたいなイヤラシイ話ではないのでそこんとこよろしく(笑)