【月光川ダム】ちょっと自然とリハーサルしてきた。

僕が住む山形県酒田市から北へクルマで30分も走れば遊佐町というところへ着きます。営業エリアですからしょっちゅう行ってます。繁忙期になると一日二回。

今日はさらにもうちょっと奥に用事があったので、そのついでに文字通り自然界と戯れてきました。

スポンサーリンク
アドセンス




月光川ダム

月光川と書いてガッコウガワと読みます。三の俣(さんのまた)というところにはダムがあり、そのまんま月光川ダムですね。

僕は高校卒業後に東京へ出て、そのまま7年住んでから酒田に帰ってきました。

来たばかりの頃は友達もいなかったので、ガイドブック片手によく一人であちこちドライブして遊んでました。この月光川ダムもそのとき訪れたのを覚えています。

あちこちで何度も書いてる気がするけど、都心から酒田へ帰ってきて「ココが一番違う」と思ったのは、外で簡単に一人になれるところ。

都会暮らしでは一歩外に出れば一人になれるトコなんてありません。常に他人の目と気配があります。振り返ってみると僕にはそれが大変ストレスだったみたいですね。

だから、そのギャップといいますか、そういったものを大いに楽しんでましたね。言っておくけど都会が異常なんだよね。人間はあんなに他人同士の物理的近距離ライフに適応できるような作りではないと思うんだよなぁ。

前回の記事で「また広角レンズが欲しくなった」と書きました。夏になっていろいろと広く撮りたくなったんでしょうね。以前「冬は望遠レンズを持ち出したくなる」と書いたのと逆。

みなさん、スマホで写真撮るでしょ?確かあのレンズの焦点距離が28ミリから30ミリと言われています。焦点距離とか言うとまたややこしくなるから詳しいことは省きますが、まぁ単純に画角と思ってください。上の写真がそれよりもうちょっと広くて24ミリ(数字が小さくなると画角が広くなる)です。

いわゆる「標準画角」と呼ばれているのは現代だと35ミリ~50ミリ。実際僕は一眼レフ機において普段使ってるのは40ミリ以上のレンズです。

でも、たまに24ミリとかで撮るとこういう写真が面白くていいですね。ぶっちゃけさらに広角が欲しくなります・・・が、買いません。どうせあまり使わないので。

実際広角レンズって自然風景写真を撮る人が使うことが多いレンズです。もちろんそれ用ってことじゃありませんよ。主にという意味です。

んで、僕はというと、やはりというか何というか自然風景写真があまり得意な方ではありません。普段そんなに意識してるわけでもないんですけど、街でも自然でも「広く撮る」よりは「小さく切り取る」方が好きみたいで、どうやら焦点距離も50ミリ以上が得意みたい。

自然で思い出した。今週末の三連休、息子が幼稚園だったときの仲間たちとキャンプ行くんですよ。

オガー家がキャンプなんて一大事件もいいとこなんですけどもちろん宿泊です。Tさんという優しい方がテント貸してくれるというんですよ。その代わりTさんファミリーをオガー夫妻が全力でいい感じに写真を撮るという、まぁいわゆる物々交換システムでね。

それにしてもワタクシ、テントで寝るなんていつ以来だろうか?中学生のとき以来かもしれない。楽しみだなぁ。

というわけで

そういうこと(週末のキャンプ予定)もあって、ちょっと今日は自然に触れるという意味でいいリハーサルになりました。

そうそう。この写真を撮ってるとき、んー、30分くらいかな。そのあいだ誰一人とも会いませんでした。もちろんクルマも通らない。

こういうのが田舎は最高なんですよ。ではまたっ!!

スポンサーリンク
アドセンス




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス