僕はこの夏祭りを卒業できそうにない

今日は息子が2年半前に卒園した幼稚園の夏祭りに遊びに行ってきた。

息子がいくら卒園しても、僕はこの夏祭りを卒業できそうにない。それくらいたくさんの思い出と胸の高鳴りを抱いている。

思えば、僕がいま趣味にしている日々の写真撮影も、小学校のPTA広報活動も、全ては息子が年長クラスだった3年前が原点である。

そう考えるとたった3年なのだが、全力で駆け抜けた3年でもあるため濃厚な時間だったという自負がある。

3年前に幼稚園児だった息子、そして友だち。今は3年生。

あのとき全ての思い出と想いを、仲間と一緒にビデオクリップにまとめることが出来て本当によかったな、と思う。

人は前に進む生き物だが、前ばかり向いていられないときだってある。ちょっと小休止したいときにあのクリップを棚から出してもらえれば製作者冥利に尽きるというもの。

記録は時間が経てば経つほど意味を成す、と僕は思っている。そんなことを考えながら園庭に咲く花火を見てました。おしまい。

・・・明日はキャンプ行くぞ。

スポンサーリンク
アドセンス




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス