もう二度と戻らない日々を

ようやくじっくりとロック音楽と向き合うにはいい気候になってきた。

とてもじゃないけど暑い日にはそんな気になれない。この夏、僕のクルマのオーディオはガンズ&ローゼスばかり聴いていた。あとはハノイロックス。とにかくキレのあるビートさえあれば良かった。

僕が部長を務める小学校の広報部だが、今夜二学期第一回目の編集会議がある。また学期末の発行に向けて最初から紙面を作りこんでいく旅が始まる。

そう、実際あれは旅なのだ。スムーズにいくこともあれば予想外のトラブルも出てくる。周りと歩調を合わせることもあれば、ひたすら牽引しなければいけないときもある。

ふと、そういえばバンドをやってた頃、一番いいときはこんな感覚だったな、と思い出す。僕は特に楽器を演奏することそのものが楽しいと思えるタイプではなかった。結局イメージを具現化していく過程がただただ面白かった。

カーオーディオからはエレファントカシマシの「今宵の月のように」が流れ出す。

もう二度と戻らない日々を 俺たちは走り続ける

~エレファントカシマシ「今宵の月のように」から引用~

全くそのとおりだ。

優秀な音楽は、当たり前すぎて思わず忘れてしまっていることをいつも思い出させてくれる。

昨日より今日、今日より明日、一学期号より二学期号。もっと輝かせていかなければならない。

スポンサーリンク
アドセンス




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス