世間は卒業ムードが高まってまいりました

今年に入り当ブログで卒業ムービー関連についてのアクセスが増えてきました。毎年のことですのでもはや風物詩です。そんな時期なのですね。

と考えながらYouTubeを漁っていたら、AKB48のヘビーローテーションのMVにあたりました。

僕は特にアイドルが好きということはないのですが、この曲とクリップはすごいなぁとずっと思っていました。曲も振り付けも完璧じゃないですかね。

それと昨日初めて気づいたのですが、これの監督は蜷川実花さんなんですね。この色彩のセンスはおっさんには無理じゃね?とは思っていましたが、まさか蜷川さんだったとはね。色で埋め尽くしたセットの中に日の丸を誇らしげに設置するセンスも最高です。高らかに日本を代表するエンターテイメントの宣言をしているみたいでかっこいい。

2010年リリースということはちょうど10年前ですか。10年前の卒業関係者が羨ましいですね。日本全国老若男女問わずヘビーローテーションが踊られたことでしょう。僕も当時の関係者だったら、この曲で何かビデオクリップを作っていたと思います。しかも全力で。

いやしかし、このビデオクリップは完璧ですね。エンターテイメントの極みです。みんなかっこいいなぁ。女の子のキュートさがもはや破壊力にまで到達している。

さて、今年はみなさん謝恩会で何をやるんでしょうね?パプリカ?あれ?あの曲は去年だっけ?

ちなみに僕の息子が卒園した3年前は「恋ダンス」でした。全25家庭+先生二人をパート分けしてちょっとづつ収録。それを一本のクリップにしましたよ。大変だったけどあれは最高だったなぁ。

自宅庭で恋ダンスを踊る3年前のオガー家。

スポンサーリンク
アドセンス




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス