【11日目】長い春休み

新型コロナウイルス騒動で息子が通う学校が休校になってから今日で11日目となった。

以前も書いたがオガー家は妻が勤め人で僕が自営業。従って必然的に僕が息子の面倒をみている。見るだけならジジババもいるが、なんとなく僕が積極的に関わりたいのだ。この期間は彼の人生においてとても大きなものになりそうな気がするというのもある。

午前中は宿題。とにかく一気にやらせずこなす配分を決めた。終わったら事務所に持ってこさせ毎回答えあわせをし、間違ったところは一緒に復習をしている。

夕方は、天気がよければ地下足袋を履いてグラウンドで45分~1時間程度剣道の練習。雨が降れば倉庫2階で30分ほどの基礎練習。

そして2~3行の日記を、僕は剣道の指導ノートを、お互いに毎日義務付けている。

文にするとまるでスパルタの日々に見えるかもしれないが意外とそうでもなく、正直僕がかったるくてやりたくないときも本人が剣道も宿題もやりたがる感じだ。いや、やりたがるというよりは、子どもは子どもなりに「やらなければいけないこと」と認識しているという感じ。それにこれさえこなせばYouTube視聴だろうがゲームだろうが、はたまたドラムの練習だろうが好きにやっていいことにしてある。

それにしても面白い。特に宿題のドリルってのは最高に面白い。数ページやっただけで明らかに本人の長所と短所が浮き彫りにされてくる。しかもそれは国語だの社会だの教科単位に限ったことではなく、なんとなく全体を通してのソレが見えてくる。

こんな面白いことはなかなか無い。これまで僕はテレビゲームでボクシングの世界チャンピオンとか競走馬とかを育てる、いわゆる育成ゲームの類が好きでたくさんやってきたが、それらとは比べ物にならないくらいに人間は面白い。

4月からは四年生。ここまで勉強は妻に任せてきたがいっそ僕がやりたくなってきた。

スポンサーリンク
アドセンス




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス