【dp3 Quattro】日常の流れの中で【SIGMA】

四連休最終日。みなさん、いかがお過ごしですか。オガー家は一昨日に県内のとある場所まで往復ドライブに出掛けました。そのお話はまた後日ということで。

さて、連休中といえど昨日は土曜日なので、いつものように僕は息子の付き添いデーです。午前中は剣道、夕方はプール教室。

以前も書いたとおりスポーツは2つもやることないよ、ってのが持論なので「大変ならプールはいつでもやめていいんだぞ?(剣道は続けさせたい)と言っているのですが、本人が「くたびれるけど水の中に入るのは好きなんだ」と言って聞かないので継続中です。

それにしても今年は日本全国、梅雨が長いですね。コロナ禍でいろんなものが中止になり、そのうえ梅雨空まで長く続くと困りますわ。

いやまぁ趣味である写真撮影には全く困らないんですけどね。というかますます最近「日常を撮りたい」という欲求が高まってきまして。

というのもほら、ひとことで「写真を撮るのが趣味」といってもたくさんあるわけですよ。例えばある特別なもの(景色や人物を含む)を自分のイメージどおりにカッチリ作りこんで撮りたい人もいれば、僕みたいに時間の流れの中で一瞬だけ一時停止したいのもいます。実際僕のプライベートで撮る写真(誰かに依頼されて撮るとか、創作に必要な素材として撮る以外の写真という意味ね)って、歩きながらだったり、立ち止まっても数秒~十数秒で撮ったものばかりです。

なんかね、特に大きな理由はないんですけど、僕の場合はそれ以上時間を掛けると鮮度がどんどん落ちていく感覚があるんですよね。写真特有の鮮度みたいなものが。

もちろんカッチリ作りこんで撮る人を否定なんて全然しませんよ。ただ、あくまで自分の中でですけど「自分の感性が生み出すイメージを具現化して作りこんでいく行為は絵画にかなわないんじゃないか」みたいなのがどうしてもあって。これは別に最初からそうだったわけじゃなく、いろいろやってるうちにそういう結論に至ったんですけど。

まぁとにかく写真撮影といっても広いんですよね。例えばひとことで陸上競技っていってもたくさんの種目があるでしょ。それ以上に広いんですよ。

そんな中、僕の写真撮影ってのは、毎日カメラを持って、日常の流れの中でピンと来たのを一時停止し、出来ればそれに共感を得られたら最高!といった感じのものですかね。野球で言えば「来たタマを打つ」みたいな。ちょっと違うかな(笑)

そんな感じなので僕はコンパクトなカメラが好きなんだと思います。毎日持ち出しやすいし、なんなら気が乗らなかったら撮っても撮らなくてもいいですし。

そしてその傾向はますます強くなっていく気がします。だから変な写真が増えると思いますが「あいつ、とうとう気が触れたか」と思わないでくださいね(笑)いや、実際もうおかしくなってるのかもしれませんが。

というわけでずらずらと書きましたが、あとは昨日の夕方、息子のプール教室の合間に撮ったのを並べますので、今回はこれまで。ぜひみなさまの連休最終日が有意義なものになりますように。

ではまた。

スポンサーリンク
アドセンス




撮ったもの

スポンサーリンク
アドセンス




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス