入院生活五日目【術後三日】

ブログを書く理由、というか目的というのは人によって様々だろうが、僕にも記事やカテゴリーによってそれぞれ理由がある。

写真やカメラ、ゲームレビューなどの記事はとにかく検索エンジン経由でのアクセスが多いのでそちら関係を意識して書いているし、明らかに身近な人やリアルでも友人の方々へ向けたような雑記的な記事は、詳細を差っ引いてでもテンポ良く読んでもらえるように書いている。

もちろん「コレはコッチ向け」などと完全に分け隔ててるつもりはなく、要は比重である。そしていずれは今以上に検索で訪れてきてくれた方が、地元中心の雑記記事を読んだり、また逆だったりしてどんどんミックスしていけば面白いと思っている。

スポンサーリンク
アドセンス




それ以外の理由

さて、それではこの入院生活の記事は何のために書いてるのだろう?

しばし考えてみたがよくわからない。

検索エンジン経由で来てもらっても役立つ要素などは何一つ来ていないし、友人に読んでもらっても、ただただありのままを報告してるだけの内容なので特に面白いとも思えない。

これは恐らく自分のために書いているのだろう。

文章に起こすことでの戒めの意だったり、将来読む自分のためだったり。

例えば僕の友人に、ツイッターやフェイスブック、ブログなどに書いた文章を3日後だったかに全部消すという変な男がいるのだが、僕は恐らくそういうことはしない。

いま書いたことが一週間後ももちろん同じことを思っている保証なんて無いのだが、それはそれとして、その瞬間思ったこと感じたことを文章にパッケージング出来たのなら、僕からするとそれは貴重なことなのである。

普通は文章になんて起こせないことが山のようにあるのが日常なのだから、それが出来たのなら、その奇跡的な行為をひとつひとつ積んでいきたいのである。

これもやっぱり自分のためなんだろう。と、考えると、やはりブログを書く理由なんて様々あるなんて書いておきながら、とどのつまりは自分のため、というところに行き着くことになるのだ。少なくとも僕にとっては。

ところであの「書いたものを72時間で消す男」は、いったいどんなつもりでそんなルールを自ら課しているのだろう?

やはりただの変人なのだろうか?今度直接理由を聞いてみたいものだ。

スポンサーリンク
アドセンス




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス