【OLYMPUS】息子にカメラを買い与えた話【STYLUS 1】

どうもオガーです。こちら山形県酒田市も桜の開花宣言出たようですな。となると最近カメラオヤジのワタシとしてはドヤ顔で撮りに行きたい・・・と思ってはいるのですが、じつはお花ってあまりよく撮れないのよね。

というよりワシ自身がお花の良さをわかっていない。

ですので、みなさんがアップする写真を楽しみにすることにして、ワシはワシなりの桜というものをパシャっとやれればラッキーという感じでなんのこっちゃ。

さてセガレの話。

そんなオヤジや母親を見て育ったものですから、幼い頃からカメラに異常に興味がある子供でした。

そして幼稚園の年長あたりからはそれが顕著になり、三人でどこか出かけるととにかく貸せ貸せとウルサイ。

こんな感じ。

貸すのはいいけど落とされたら困る。貸したらおれが撮れない。かといってコンデジのRX100も貸したくない。特にあれは簡単に落とされそうだし。

そんなこんなで妻との協議の結果、いっそヤツ専用のカメラを買い与えてしまおうってことになりまして。

今回はそんなお話。

スポンサーリンク
アドセンス




候補選び

予算は3万円以内。条件はカメラとしてちゃんとしていること。

ちゃんとバランスよく構えることが出来る。出来ればファインダーを覗いて撮れる。防水だの過剰な望遠などは不要。

するとこのへんしか候補がありませんでした。

STYLUS 1に決定

結局STYLUS1に決定。中古で28000円だったかな。

理由はすごくかっこいいから。あと子供の手にはしっくり来そうなサイズ感なので。

いや、ほんとはね。買った後に少し悩んだんですよ。

そんな小2の子供に中古とはいえ3万近くするカメラを買い与えるってアホなんじゃないかと。

けれどもいろいろ調べた結果、変に「子供用」とか「防水・耐衝撃」とかに特化した安カメラって「肝心のカメラとしてはどうなの?」って部分で大いなる疑問を持ちましてね。

ホールド感があって電子ビューファインダー搭載のSTYLUS1。

個人的には光学ファインダーの方が好きだけど、どのみちこれからカメラの主流は一眼レフからミラーレスに確実に変わっていくものだし、だったら今のうちからEVFに慣れておくのも悪くない。

あと何よりこれF値が2.8通しってのがいいです。子供ってまずズームで遊んじゃいますからね。望遠側でも明るいってのは撮りやすくていいじゃないですか。

写真を撮ることで学ぶことって非常に大きいと僕は思うし、とにかく変なもので変な覚え方しちゃうよりは、まず正統派でバランスの撮れたカメラからきちんと入った方が結局いいかな、と。

STYLUS1の詳細はこちら。なお、メーカー生産終了のため、もう新品じゃ買えないみたいですね。

出かけてみた

「おれのカメラだ!」

よほど自分のものというのが嬉しいのか、とにかく早く外へ行って撮影したいと煽るセガレ。

しかしあいにくの雨天が続き、なかなかファーストインプレッションが出来ません。

ようやく曇りですが雨は降ってないので、僕の仕事終わりあたりの夕方、2人で日和山公園に行ってみました。

以下作例。全てセガレ撮影。

というわけで

曇りの日の夕方なんで、バリッとした写真にはなりませんでしたが、いやいやさすがのオリンパス高級コンデジですな。大いなるポテンシャルを感じさせてくれます。というか小2にはもったいない。

ま、いいか。ウチは他にカネかかる趣味ないしさ。たとえばアウトドアとか全然やんないしな。3万くらい人生の教材として仕方ないか。←必死に自分に言い聞かせている。

というわけでしてね、本人も喜んで担任の先生にまで自慢してるくらいだし、これから写真道を楽しく歩んで行くことを願いますよ。いろんなものをいろんな見方から捉える眼をちびっこのウチから養うことはとてもいいことだ、うむ。

ではまたっ!!

追伸:今月ワタシの小遣いがほとんど無く、重い金欠病にかかってしまったので、付き合いが悪くなるかもしれません。ご容赦くださいませ。

スポンサーリンク
アドセンス




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス