28年ぶりに母校の周りをウロついてみた

どうもオガーです。人間の記憶って古い方からどんどん上書きされるものと思ってましたが、僕の場合比較的新しい方から消えていってるみたいでしてね。

簡単に言うと数年前はもちろん、若い頃でいうと高校~20代前半あたりの記憶がどんどん無くなってて、小、中学校あたりのはまだ粘っている感じ。

けれども冒頭の写真、これは僕が通ってた高校のスクールバスだったものなんですが、先日の配達で偶然見かけたものを撮ったものです。そしたら高校時代の記憶が一瞬だけ甦ってきたこともあり、25年ぶりにあのあたりをブラついてみたくなってきました。

今回はそんなお話です。

スポンサーリンク
アドセンス




文化センター前~栄町あたり

そういえば酒田でバスってほとんど乗ったことないんですよ。子供の頃、おばあちゃんと市立病院前から乗って清水屋前で降りた記憶はたくさんあるんですけどね。考えてみると一人で乗ったことは一度も無い。いつかカメラ持ちつつマニアックな場所だけを選んで散歩写真やってみたいなぁ。クルマ移動って写真撮るにはあんまよくないんですよ。

なんとなく好きな写真。

こういう押しが強いアピールは嫌いじゃないですよ。

おおぅ。日産R32スカイラインGT-R。かっこいいねぇ。キレイに乗ってるなぁ。やっぱGT-Rはこの型が僕ら世代にはどんぴしゃです。

ところで最近よく聞く「若者のクルマ離れ」って言葉。

あれってさ、娯楽の多様化とかもちろんそういう問題もあるんだろうけど、僕が一番思うのは最近のクルマは高いってことですね。

まぁもちろん高いぶん、走行性能や耐久性がアップしてるのはわかるんですけどね。ほんと優秀だもん、現代のクルマ。

あぁ、ちょっと異界の匂いがしてきたなー。

この日はどんよりとした曇り空だったので、なるべく空を入れないように撮ってます。

昔ケーブルテレビってあったなー。

今回はいつものコンデジRX100ではなく一眼レフカメラだったんですが、いやいやその選択で良かったな、と。

というのはですね。ちょっとココのスポットは密度が高い。そして道が細い。簡単に言うと僕みたいなヨソ者は目立つんですよ。

そこをね、ちっちゃいカメラでコソコソしてるよりはね、むしろでかいカメラで目立っちゃう方がいいんですよ。目的がハッキリしますからね。「あー、あの人は写真を撮ってる人だ」と。もちろん何か聞かれたら「趣味で写真を撮ってます」というつもりだし。そしたらまぁ「変な趣味の人だ」としか思われないでしょ。

それにしてもレベル高いエリアだなココ。今度改めて攻めてみよう。

さて我が母校である酒田南高等学校。引っ越したので旧校舎という形になるのかな。

ロープも張られていないし、このあとずけずけ入り込んではみたけど(校舎外だけね)、写真を公開するのはやめときます。卒業生だし、おれんちここの寺の檀家だから別に構わないと思うけど念のため。いつか取り壊す前に中を見学させて欲しいなぁ。

いやいや懐かしい。

駅方向へ。

なんとなく好きな写真パート2。

パチンコ屋。連日賑わってる。別にパチンコもいいけどさ、街で一番賑わってるのがパチンコ屋ってのはあんまりよろしくないね。日本全国地方都市なんてそんなもんなんだろうけどさ。

たくさんされたんでしょうかね。

酒田駅前。

まさに殺風景。早く何とかしてください。何ともならないなら緑を植えてください。あと池も。

妙法寺公園。今回一番撮るのが難しかった写真。

この写真が一番好き。

いっぱいされたんでしょうかね。

というわけで

秋という季節がそうなのか、散歩したポイントがそうなのか、何故か今回激しい郷愁感に襲われながら歩いておりました。それを何とか少しでも表したくてRAW現像もそれっぽいのを目指してみたんですけどね。

じつはワタクシちょっと前にオールドレンズに興味が出てきましてね。知ってますオールドレンズ?文字通り古いレンズのことですよ。60年代とか70年代とかのロシアやドイツのレンズをアダプターかませて現代のデジタルカメラに使うのが一時インスタを中心に流行ったみたいで。

僕の場合、動画作るじゃないですか。コソコソ作ってるんですよこれでも。多くの人の目に触れることはないようなのをね。

その場合、そういうノスタルジーな雰囲気を出すためにちまちまカラー補正とかやるんですけど、いやいやこりゃもうレンズそのものをオールドにして撮った方がいいよね、とも思いましてね。

んである日、いつものようにPCの前でお茶をすすってるに聞いてみたんですよ。

「あのー、いよいよオールドレンズの方に入ってみたいんですけどどう思います?」

「あー、だいぶ前にインスタで流行ってたね」

「僕の場合は動画でも使うし、散歩写真でもオールドな感じは酒田に合うと思うので無駄にはならないと思うん」

「やめときなさい」

「え?」

「何も得るものがないし、けして前に進むこともない」

「しょせん飛び道具にしかなりませんかね?」

「そういうこと。しっかり現代と向き合って表現することを考えなさい」

「はぁ」

・・・というわけであっさり反対されました。でも何となく言いたいことはわかりましたので納得。

そんな感じでね、今回の散歩写真は終了。いやいやそうですね。ノスタルジーに逃げないようにこれからも現実の酒田、2018年の街並みとしっかり向き合いながら現代のカメラを抱えて散歩したいと思います。

ではまたっ!!

今回使用したカメラとレンズ

スポンサーリンク
アドセンス




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス