カメラと遊んだ2017年11月まとめ。

どうもオガーです。こちら山形県酒田市は昨日今日の二日間は非常にいい天気でした。

これから冬に突入すると、我々東北日本海側の暮らしはどんよりとした曇り空、またはキョーレツな雪の日が多くなったりします。そういう意味でも貴重な二日間でしたね。

いやほんと、冬将軍が本気出したりすると生活に支障をきたすレベルの吹雪になっちゃうんですから。

あ、そうだ。今度「地吹雪の中、近くのローソンまでLチキを買いに行ってみた」という動画でも作ってYouTubeチャンネルにアップしましょうかね。頭にアクションカメラ付けてさ。きっと雪の降らない地方の方には喜んでもらえると思うので。

てなわけで、今月のワタクシ的まとめ記事スタート。

スポンサーリンク
アドセンス




今年は冬が早い気がする

これを撮ったのは11月5日。時間は朝7時頃。もはやホームグラウンド化している山居倉庫付近を散歩。

このときですかね。「あ。冬が来たぞ」って感じたのは。なんというか、鼻の奥がツーンとする寒さがありましてね。

長年「冬は嫌いではない。夏よりはマシ」と公言してきた僕ですが、今年から早朝散歩写真やるようになって、完全にその考えが逆転したかもしれない。冬は寒いのはもちろん、何より日が短いのがイヤですね。

もう少し冬が本格化して、雪景色になって日照時間も折り返したりすればまた面白いんでしょうけれども。

船はあんまり好きじゃない。小6のときに親戚のおじさんが持ってたかちかち山の泥舟にエンジンつけたようなのでキス釣りに行って、そりゃもう盛大に船酔いしたから。

11月10日。この日もすごくいい天気でした。場所はなんて言うんだっけな。ほら、八幡のゆりんこの上の方。配達帰りにちょっと寄ってみた。

ちなみに人っ子ひとりいませんでした。前にどこかでも書いたけど、これってなかなかすごいことですよ。

例えば僕は若いときに都会に8年近く住みましたが、アパートを一歩出ちゃうと、もう東京都内なんて自分一人になれる場所なんて無いですよ。トイレの大スペースくらいですよ。

それがこんな感じで自然と1対1になれる機会が死ぬほどありますから地方はね。これはメリットとして捉えた方がいいです。

これも同じ日。さっきは山で今度は海の方。

なんつってもワタシはサギを白鳥だと思って撮った男ですからね。だから撮り直してきました。

その恥を晒した記事と言い訳をした記事はこちら。

最上川スワンパークにて望遠レンズの試し撮り

サギを思いっきり白鳥だと思い込んで写真を撮っていた話

時系列でいうと、ここから例の入院生活に入るわけです。とはいっても5日間ですけどね。詳細を書かなかったから各方面に余計なご心配お掛けいたしました。

改めて申し上げますと、胆石がゴロゴロしててウザイから、いっそ胆のうそのものを取っ払っちまおうという 手術のため入院したのであります。

そのときの入院日記はこちら。

「入院生活」一覧

11月26日は子ども会の親子レクリエーション。ドッジビーという競技で遊びました。僕は競技自体には参加してませんよ。病み上がりという理由でね(笑)

簡単に言うとドッジボールのボール代わりにフリスビーを使う競技。もちろん僕が子供の頃は存在しませんでした、たぶん。

ところで我が息子、この写真だけ見ると積極的にドッジビーに参加してるように見えますが、じつは一度もフリスビーに触ってません。ただ避けるだけ(笑)

やっぱ親子は似るものですよ。僕も小さい頃、ドッジボールが嫌いでね。ボールを積極的に受けにいくことが出来ませんでしたから。

スポーツ自体は嫌いじゃなかったんですけどね。体育の成績も良かったし、かけっこも遅くはなかった。でも今振り返ると運動神経は良くない方だったかもしれない。小1から剣道をひたすらやってましたから、そのおかげで周りより早熟傾向だっただけで。

これは昨日(27日)ですね。ひさしぶりにいい天気だったので、外回りの合間に15分ほど日和山公園へ寄ってみました。

夕暮れ。遊佐町のどこか。

最後に

僕は毎年8月の盆休み明けから10月下旬辺りは仕事が忙しいのですが、そのぶん11月は比較的ヒマになります。だからバンドやってた頃は11月に勝負イベント持って来てましたね。あとは誕生月ではありますので11月に思い入れはありますよ。

そういえばガンズ&ローゼスに「ノヴェンバーレイン」って曲がありますが、あれ、相当好きですね僕。

これです。ちょっとこのPVは内容が意味不明・・・というか伝わりにくいですけどね。

このへんからガンズ&ローゼス、というかアクセル・ローズはただのロック屋から脱皮しようともがきます。

それに対して当時は批判的な声が多かった気がします。実際僕もそのクチでした。「アペタイト・フォー・ディストラクションみたいなアルバムをただただ連発してくれればいいのに!」とね。

でも、今ならわかります。やっぱロックバンドなんて一箇所に居続けることなんて無理なんですよ。やっぱ新しい局面を見出そうとあがいちゃうもんなんです。

ストーンズだってそう。彼らほど新境地を求めた人達も珍しいでしょう。ただストーンズは迷ったら帰れる原点があったから解散に追い込まれなかっただけ、だと僕は思ってますハイ。

いやー、しかし今この「ノヴェンバーレイン」を聴きながら書いてるんですけれども、このエンディングのスラッシュのギターソロは最高ですね。むせび泣くギターとでも言いましょうか。唄ってますよギターが。

ガンズ&ローゼスはボーカルとギターが曲の中でぶつかり合って閃光を放つバンドでしたからね。いま振り返ってみてもすごいバンドだったと思います。

まぁガンズ&ローゼスのことはまた別の機会にでも。あんま書くとまたバンドやりたくなっちゃうからね(笑)

ほら、いま「パラダイスシティ」流れてきたら血が1度くらい上がった気がするよ。ああ、どうせならこういうバカでかいスケールのロックンロールバンドやりてーなー。もう全部ちゃぶ台引っくり返ししちゃうようなやつ!!

ではまたっ!

これは最高ですよ。イジーとか死ぬほどかっこいいな。

今回使用したカメラとレンズ

スポンサーリンク
アドセンス




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス