カメラと遊んだ2020年5月まとめ

新型コロナウイルス感染防止のための緊急解除宣言もここ山形県では解除され、徐々に日常が戻りつつあります。もちろんジワリジワリといった感じなのは否めませんが。

さて、今月はせっかくのゴールデンウィークも自粛要請期間中だったため、どこかにお出掛けという雰囲気ではなかったわけですが、少なくとも僕の写真趣味事情ではそんなにストレス感じず過ごせました。

というのも、もともと散歩や配達途中に撮ってるものがほとんどなのでね。何だかんだいって今月もたくさん撮っては一喜一憂の日々でございました。

スポンサーリンク
アドセンス




ということで今月まとめ

近所の家にあるなかなかすごいやつ。

息子が「学校のチューリップを撮りに行こう」というので付き添い撮影。

土門拳記念館前の拳湖。この写真、気持ち悪いくらい写ってますよね?SIGMAのDP2Xで撮ったんだけど、何故こんな写りになったのか未だによくわからないので現在原因解明中。

自宅。いい感じの光が来たのでパチリ。そしてニヤリ。

山居倉庫。広角レンズが持つ奥行きに頼らずいかに平面に撮るかを研究中。

農家の友だちの倉庫に行ったときにパチリ。80年代の不良の溜り場っぽい(笑)

配達中。田植え前。

母の日。

この日から新しいカメラが加わったのでテスト撮影。まずはいつもの山居倉庫。

いまこのdp3 quattroにとりつかれたように毎日撮っています。このdpシリーズはレンズの焦点距離の違いにより0~3までの4種類あって、僕のはdp3なので75mm。わかりやすくスマホに例えるとズームして×2.5くらいの画角ですね。

いやもうなんというかですね、このカメラが搭載しているFOVEONセンサーの魅力に僕は完全にハマってしまいました。オートフォーカスが遅いから運動会は無理だし、高感度撮影も出来ないから体育館でも撮れません。でもそちらはCanon機の出番なので、こちらは完全に日常用として使い倒します。

学校も始まりました。僕と会うといつも声を掛けてくれる息子と同じ学年の女子たち。一年生のときから変わらず。

線路の終わり。

例年であれば5月20日は酒田祭りの日。今年は中止になったのでもちろん街に人は無し。

自宅玄関前に置いてある謎の葉っぱ。

下校直後のセガレ。

配達終了後に立ち寄った丸池様

小学校の田植え体験。

最後は昨日の夕方の駅周辺散歩写真。

というわけで

アホみたいに毎日写真を撮ってると気づくことがあります。それは日差しの変化。

簡単に言うと今年は5月29日から夏の日差しになったと思います。いわゆる初夏っぽくなりました。

さて、今年もコントラストが強い季節に入りました。ということはかっこええハードなモノクロが撮れますね(笑)

ではまた。

スポンサーリンク
アドセンス




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス