【岐阜県】珍しく県外出張へ行ってきた-前編-【長良川温泉】

どうもオガーです。先週21~22日と出張へ行ってきました。珍しく県外です。

毎年この時期恒例なんですが、昨年の奈良は父親が「自分が行きたい」と言い出したので譲りました。したがって僕は2年ぶりの参加になります。

※2年前の記事はこちら↓

「小安峡温泉へ行って自然と1対1になってきた」—2017.06.26投稿

その2年前にしても秋田県でしたので隣県です。東京はプライベートでしょっちゅう行ってますが、それよりさらに西となると三年前の神戸以来ですね。

正直一泊二日の強行スケジュールなんでそんなにワクワクするものでもないのですが、そこはまぁ「岐阜あたりは下手すると二度と行くこともないかもしれない。写真をたくさん撮ろう」と自らを奮い立たせて行って参りましたよ。

ですが、さすがに一眼レフを持っていくのは重くて嫌なので、そこはいつものコンパクトデジタルカメラ、SONYのDSC-RX100が今回の相棒です。

スポンサーリンク
アドセンス




21日早朝出発

AM7時10分の飛行機に乗らなくてはいけませんので6時半前には空港到着。普段から早起きなので早朝活動は余裕のワタシ。

考えてみれば飛行機に乗るのも3年ぶり。いつも東京へはクルマで行くので。

席は半分くらいは埋まってたかな。金曜早朝って意外に空いてるのね。

東京から名古屋へ

羽田に到着後はモノレールで浜松町経由の東京へ。途中、大井競馬場前を通ったときに若かりし日々のことを思い出す。というより合計3万円ほど預けたままだし。

東京駅到着後は集合時間まで時間がたっぷりあるので駅構内をブラブラと。

それにしても、みんなそんなに急いでどこ行くの?

10時に八重洲南口にて集合。そのまま新幹線で名古屋へ。

考えてみれば東海道新幹線に乗るのはいつ以来だっけ???下手すると高校の修学旅行以来かもしれない。

名古屋から岐阜へ

名古屋駅到着。平日の昼だからかそんなにゴチャゴチャしてない。

適度に都会チックな名古屋駅前。このあと観光バスへ乗り込みます。

車内から撮影。なんというかこのごっちゃ混ぜ感はさすが味噌カツを生んだ街。

その後

岐阜市内のとあるメーカーへ工場見学。そうです。この会合は「自分たちが普段商品として取り扱っているメーカーを訪れる」というのが主な趣旨なのです。今年で8回目だったかな。

今回訪れたのは株式会社クラレというメーカー。工業用ホースがメインでしたが、近年では様々な色々と拡大して事業を行っているようですね。

この後は宿泊先である岐阜グランドホテルへ移動。総会を済ませ、ようやく部屋へご案内。ひとっ風呂浴びて懇親会。

僕は二次会へは参加せずさっさと部屋へ戻りました。22時には就寝。

5時半起床

翌朝、いつものように早起き。僕は出張なり旅行なりでは、いつもホテル周辺の早朝散歩をするのが好きなのです。というわけでレッツゴー。

岐阜グランドホテル前にて。

岐阜はいわゆる海無し県らしく、確かに見渡す限り山に囲まれています。

目の前を流れるのは長良川。五木ひろしだぁね。

この歩道が歩きにくいのなんのって。すごくジャリジャリします。

おしゃれな建物もあれば、レトロちっくなデザインのお店があったり、本当に古い住居があったり、テニスコートがあったり、集合住宅があったり。

これ、すべて一本の通りの話なんですよ。かなりごちゃ混ぜテイストで面白い。

これが長良川。そんなに大きくも無く急流でもない。夏は河原でバーベキューや水遊びでにぎわうとのこと。バスガイド談。

45分ほどの散歩を済ませホテルに戻りました。その後は朝食バイキングに一番乗り(とても美味しかった)し、貸し切り状態のお風呂へいき、8時50分にフロント前に集合。この後は岐阜市歴史博物館岐阜城見学へ。

後半へ続く↓↓

「珍しく県外出張へ行ってきた-後編-」—2019.06.26投稿。

スポンサーリンク
アドセンス




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス