【24日目】早朝交差点観察日記

ここ最近荒れ気味の天候であった。朝になり積雪は無いが強風。登校の子どもたちもさぞ寒いだろう。

とはいっても酒田は海から吹く西風である。つまり僕が立っている拠点に限って言えば、背中を押されて学校へ行く感じだから楽なはず。僕も子どものころ同じように登校していたからわかる。

問題は下校なのだ。本格的な真冬になると地吹雪を顔面に食らいながら家路に着くことになる。

昔の僕の場合、小学校はまだ良かったが中学校からの帰り道が地獄であった。今、スターバックスなどが建っているエリアは辺り一面田んぼの時代。つまり本当に顔面に吹雪を食らいながら帰る日もあった。

今だって商業施設がたくさん建ってはいるが、もともとあそこは風の通り道。昨日も同じようなことをやってる中学生たちをみかけたが、ああやって後ろ歩きで帰るしかない。あれは冗談でやってるわけではないのが僕にはわかる。

かといって後ろ歩きでの移動は危ない。出来れば彼らには真冬に限っては別のルートで帰ることをおすすめしたい。

さて、今朝の登校。疲れがたまる金曜日に加えこの強風であることから、もはや「おはようございます」どころではなく閉口の子たちも多い。

いや別にいいよ。倫理的には「必ずあいさつはしなさい」だろうけど、こんな日は別にいいよ。そりゃ口を開けたくない日もあるよな。

ただ、あいさつってのは本当に大事よ。自分はここにいますって存在を宣言するためにも、マメに挨拶をするクセは付けといた方がいいよ。

スポンサーリンク
アドセンス




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス