カメラと遊んだ2020年1月まとめ

ベタなことを言えば、早くも2020年の12分の1が終わりましたね。みなさまいかがお過ごしでしょうか?

今年は雪が無い酒田。写真を撮るには物足りない気がしますが、生活には大変楽チンでありますね。

さて、今月は昨年末から引き続きRICHOのGR2で撮った写真がほとんどで、残りはいつものSIGMAのDP1。

分けて掲載しますので、カメラごとの写りの違いも楽しんでもらえれば何よりです。

スポンサーリンク
アドセンス




GR2

雪が無いとはいっても、元旦早朝あたりは一瞬雪景色になりました。

だけど正月中はこんな感じ。

Uターンの様子をみに駅周辺を散歩。ヒマ人ですねワタシ。

いつかの最上川スワンパークの朝。

県外の皆様、TSUTAYA酒田北店は閉店いたしました。

僕は団地に住んだことはないんだが、何故だか懐かしくなって撮った写真。そういうことってありません?

個人的に好きな一枚。

GRのハイコントラスト白黒モードのかっこよさったらありゃしない。

雪は大変だけど、冷たい雨が続くとそれはそれで嫌よね。

今シーズン、スケート教室の撮影は計4回行きました。子どもたち20人以上にスケート靴を履かせる手伝いをやったので、いわば僕はもうプロです。

最高に好きな写真。ただ、この煙突から出てるのは水蒸気らしく煙ではないらしいよ。有害なものは出してませんとのこと。ここにお勤めしている人から聞きました。

こういうものを撮るのに深い意味や考えはありません。ただの衝動です。

GRは衝動に任せて次から次へと撮るべきカメラ。

街こそGR。

居酒屋もGR。

DP1

中町のラーメン大学。高校のとき先生に「おまえこのままではラーメン大学しか入れるとこないぞ!!」と言われましたが、先生ごめんなさい、ラーメン大学も入れませんでした。

いい光があるとこのカメラは激変するのが面白い。普段は非常に使いづらいカメラなんだけど。

DPに搭載されているFOVEONセンサーってフィルムっぽい写真を出すよね。

街スナップはGRだけど、こういった風景みたいなのをじっくり撮るならDPがいいなぁ。

もはや昭和の写真にみえる。

昔の酒田バンドマンはいろいろお世話になった楽器屋さん。

DPの写真は深みがあるよね。ブログサイズでわかってもらえるだろうか?

というわけで

よくギターを何本も買っちゃう人いるじゃない?あれってもちろんそれぞれ出す音色が違うから当たり前なんだけど、じつはカメラもそうで、僕も子どもたちを含む、いわゆる人間を撮るときはフルサイズの一眼レフで、散歩や街スナップはコンパクトカメラと使い分けております。

とはいっても散歩に一眼レフを持ち出すときもありますけどね。レンズ交換式カメラはそこがいいところで、気分によって装着するレンズを換えるといろいろと日常が新鮮に見えるんだなこれが。

というわけで2月もバシバシ撮っていきながら暮らしていきます。ではまた。

※僕のポートフォリオもよろしく↓↓

KOICHI OGAWA PORTFOLIO

スポンサーリンク
アドセンス




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス