待てど暮らせど届かないマスクたち

今月初めだったか、僕の手持ちのマスクが残り5枚程度になったため自分で作ってみた。それをFacebookにアップしたら結構ウケた。

この息苦しい世の中でほんの少しでも笑ってもらえればラッキーである。

が、しかし笑ってばかりも、いや、笑われてばかりもいられないのでマスクを調達することにした。

とはいうもののドラッグストアの開店に並ぶのはまっぴらごめんである。しかも彼らは入荷するかしないか不明なのにとりあえず並んでると聞く。

もちろんどうしてもマスクを手にいなければいけない人がいることも知っているのでバカにするつもりはない。ただ、僕はそうではないので並ぶのは無理。いざとなったらこのテロリスト風自作マスクがあるし。

さて、どうしたものかと考えた結果、やはりまずamazon様を頼ることに。もちろん「ハハ、あるわけないよなぁ」という気持ちで。

そしたらなんとあった。ただしamazon本体ではなく、いわゆるマーケットプレイスだから、まぁヤフオクみたいなもんだ。

明らかに中国人の転売屋だから正直イヤなんだけど、値段も1枚30円程度だしまぁいいか、と購入した。ついでに真っ黒な布マスクも買った。息子の分も含めて合計4000円近くの買い物だった。届くのはずいぶん遅いみたいだけど、まぁそれまではストック分と友だちの奥様が作ってくれたマスクで凌ぐことに。

それから。

とある夜に町内の子ども会育成会の集まりがあった。集まりといっても資料類を渡すだけであったが。

その中でお母さんたちとマスクについての話になり「おれはアマゾンで買ったよフフン」とドヤ顔で自慢したのだが、「へー、いいですね。でもテレビでやってたけどやたら高額だったり届かなかったりするケースもあるんで気をつけてくださいね」と忠告を受けた。

寝耳に水だった僕は嫌な予感がしたが「おれに限ってそんな目にはあわない」と、いつもの様子であまり気にはしなかった。

ところが。

到着予定日が近くなっても発送されない。される気配が無い。さすがの僕もこれは「やられたか?」という気持ちになってくる。

それでも人類みな兄弟!中国人転売屋ですら僕は信じる!精神で到着締切日まで我慢してみた。

こない。締め切りを2日過ぎてもこない。キレた。

とりあえず画像右の「注文に関する問題」というところから「おい、届かないぞ。早くしろ」と送ってみた。

そしたら10分もしないうちに「親愛なるオガー様」という題名で怪しい日本語の返信が来た。とにかくコロナ騒動で遅れてるからもうちょっと待っててねという。

一週間待った。来ない。ムカついた僕。すかさず購入履歴から前回と同じフォームを開いたら「返金リクエスト」というバナーが出ていたのを気づいてはいたが、とりあえず「カネ返せ」という単語を画面全て埋め尽くすくらいコピペして送り、その後返金リクエストを押した。

すぐにamazonから「マーケットプレイス保証対象につき返金されます」というメールが届き、無事返金されることとなった。

このとき布マスクも注文したが届かない。どうせ何を書いてやったって返金されるんだろうと思っていたから、しこたま悪口を書いて送ってやり、その後すぐに返金処理が始まった。

残りはあと一件。これは明日到着予定だがどうせ届きはしない。すぐに返金処理をしてもらうことにする。

それにしてもまだ本を主戦で売ってた頃からamazonを使ってたほどamazon歴が長い僕だが、今回の「返金」という手続きは初めて経験した。以下流れをまとめ。

マーケットプレイス商品を購入→届かなかったり変なものが入っていたりした→購入履歴から「注文に関する問題」に入り出品者に連絡を取る→48時間(?)経っても返事が来なかったり状況が変わらない場合、再び購入履歴から注文に関する問題を開くと「返金をリクエスト」という項目が現れる。

この流れの肝は最低でも一度は「出品者と連絡を取る」必要があること。それでも何ともならない場合、初めて返金手続きに進めるという感じ。

ということで今回は「結局マスクは一枚も届かなかったよ」というお話でした。みなさんも気をつけてね!

スポンサーリンク
アドセンス




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス