カメラと遊んだ2020年8月まとめ

こちら山形県酒田市は昨晩どしゃ降りになりました。まるで「さ、夏はこれで終わりだよ」と告げられてるみたいに。

さて、ワタシは趣味として日常的に写真を撮っております。それは自分の日常の中でスペシャルな瞬間や景観を収めたいといったような大層なことではなくて、出来るだけ日常を日常として収めたいといった欲が強い。

思えばこれは写真を始める前に行っていた、ロックンロールバンドの活動のときから続いてることでした。

ファンタジーは演奏しない。

誰も聴いたことのない新しい何かを生み出そうなんてしない。

日本人だからといって日本語というものに拘らない。

演奏が上手いだけのロックンロールバンドなんてかっこ悪い。

取替えの効かないメンバーで構成されてるバンドがいい。

こういったことが暗黙の了解として浸透しているバンドでしたんで、そんな人間が楽器からカメラに持ち替え、今は写真を撮ってるんですから、まぁなんとなくお分かり頂けるでしょ?

え?よくわかんないって?

んー、困ったな。簡単に言えば、作為的に練りに練ったロックも非日常的写真もおれはあんまり好きじゃないなってことかな。

とにかく僕はあんまり考え込まず次から次へとっていう性格なんですかね。あまりじっくり腰を据えて撮る写真ってないもんね。

スポンサーリンク
アドセンス




デジタルカメラ

というわけで時系列順にいってみましょう。

やけに月が赤かった夜。

買い物の付き添い。

忙しい中プール教室の迎えに来たのに、悠長に自販機でジュースを買っているセガレ。

お盆休みのとある早朝に散歩。

鶴岡市の大山公園の展望台から。

同じ日。鶴岡の松ヶ丘開墾場

13日。酒田を元気にする花火プロジェクト。僕は少々寄付したので打ち上げのタイミングを教えてもらいました。別にズルじゃないよ。募集要項にそう書いてたので。

家族で花火。

ゴロゴロしつつ自分のベッドから。

これも早朝。港から。

ひまわり畑に行く途中。

夜明け。

フィルムカメラ

今月はとにかくフィルムカメラを優先して撮りました。

何がいいの?って言われてもわかんないけどいいんだよ。

以前も書いたけど、最近思うのは、僕がこうやって趣味で撮ってる写真においては、最新で最高の性能を持つカメラがいまいち不要なんだよね。

今はPTAでの撮影もあるし、子どもの成長記録も撮りたいし、友だちに依頼されて撮る撮影もあるからデジタル一眼レフ機は絶対に必要だけど、息子が中学を卒業したあたりでそれも必要なくなるかもしれないのよね。

だって俺、鳥も飛行機も星景も絶景も撮らないし、将来的に撮るようにもならないと思うんですよ。

いやまぁ先のことはわかんないですけどね。いきなりそっち方面に目覚めるかもしれないし。そのときはそのときで。

とにかく今は古いフィルムカメラで撮るのが楽しいんですよ。あまりに楽しすぎて、今度は70年近く前のカメラを買っちゃった。その話はまた今度。

この写真が好きであります。

このありえないくらいのハレーション。さすが古いカメラだなぁ(笑)

というわけで

今年の夏は最初から「フィルムで残したい」ってのがあって、そのとおり実行したんですけど、いやぁ楽しいですねぇ。

といっても、これを毎日やってるとフィルム代と現像代で僕の小遣いが無くなってしまうので、もう少しマイルール決めて遊ばないとなぁ。平日はデジタル、休日はフィルムとか、天気がいい日だけフィルムとかね。

まぁもう少しだけ好きにやってみますけども。

ではまたっ!

スポンサーリンク
アドセンス




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス