【ウルトラEKPO】ウルトラヒーローズEXPO2018に行ってきた。

どうもオガーです。年末の東京観光記事シリーズも今回で最後になりますゆえ、どうか最後までお付き合いくだせぇ。

というかね、オガー家のここ3年くらいの家族旅行は全部ウルトラマン絡みなんです。セガレがウルトラマンマニアなもんで。

幼稚園の卒園ビデオで「大きくなったらウルトラマンになって地球を救いたいです」と父親(おれ)が撮影するカメラの前で高らかに宣言したセガレ(7歳)

ウルトラマンってだいたい何歳くらいまで好きなもんでしたっけ?幼稚園の年中終わりからハマって、もう3年目なんですけど全く熱が冷める気配が無いのであります。

いやね、別にいくらウルトラマンガ好きでもいいのですよ。

ただね、するとね、年に2回東京に行くことになるんですけどね、全部ね、僕が運転する自家用車でいくわけです。片道500キロをね、ひたすらね。7時間半とかかけて。

いや、まぁいいんですけどね。運転は嫌いじゃないのでね。ただ、この先あと何年くらいウルトラマンショー見に行くのかなぁとか思うとね、一抹の不安を覚えるわけです。

3年生や4年生あたりで落ち着いてくれればと思ってるんですけどもね。いや、でもなぁ、いつまでもウルトラマンが好きな人っていますからね。

いや、大人でも好きで全然構わないんですけどね。ただ、去年だったかの会場でですね。僕の隣の席に座ってた30代くらいの男の人にですね、司会のきれいなお姉さんの「みんなっ!大きな声で○○を応援して!!」の煽りに、マジモンの大声で「頑張れぇぇぇぇぇ」と突然叫ばれたときは、さすがのワタシもビクっとしましたからね。完全に不意を突かれましたし。

いや、何度も言いますけど、大人でも好きで全然いいんですよ。ただ、あの、子供に混じっての必死な声援はですね、少しグっと堪えて、心の中で叫んでもらうとこちらとしても大変助かります、もしくは普通に開演前に「僕はマジで叫びますけど、気にしないでください」とひと言言ってもらえればなおよしですな。

・・・前置きが長くなりました。

それではウルトラヒーローズEXPO2018へゴー。

ちなみに公式サイトはコチラ

スポンサーリンク
アドセンス




とにかく人がウジャウジャ

僕ね、去年も来てるんですけど今年はちょっと人が多すぎでしたよ。

どうなんでしょ?ウルトラマンの人気が上がってるんですかね?それともこのイベント自体の人気かな?

昨年と今年の違うところといえば、昨年は会場内以外、つまり入り口周辺ブースを設置してて、ミニゲームみたいなのをやったり、確かミニステージも組んでた気もするなぁ。

主題歌を歌うボイジャーってユニットがいるんですけど、僕らが着いたときにたまたまステージから引き上げてくる彼らとバッタリ会って、セガレが握手してもらってたもん。

ぶっちゃけ俺も興奮しましたけどね。

そのボイジャーさんが歌うウルトラマンエックスの主題歌。

すごくいい歌なんすよコレ。はっきり言ってウルトラマンエックスに関しては、僕もかなりファンですね。全話観たし映画も観たし、その映画のブルーレイディスクも買いました。撮影も編集もかなりかっこいいんですよ。

さて、ウルトラEXPOに話を戻します。とにかくね、今年はそういう外でのブースは無かったんですけどかなりの客入りだったと思います。恐らく気のせいじゃなく。

ウルトラマンジード。

暗黒面に堕ちたウルトラマン、ウルトラマンベリアル。ジードの父親。

セガレはウルトラマンベリアルもそれなりに好きらしい。男はワルに少なからず惹かれるってやつですかね。

ウルトラマンキング。おっさんには大変懐かしい。

昨年度のウルトラマン、ウルトラマンオーブと、その宿敵、ジャグラスジャグラー。というかワタシもセガレの影響でそれなりに詳しくなってきましたよ。

じつは

もう少し写真も撮ってたんですけど、何しろ人が多かったんで、人様のお子様の顔がバッチリ写っているのとかアップしてはマズイかなと思い自重します。どうもワタシ、子供の顔にモザイクを施すのがあまり好きじゃないので。

ちなみにウチのセガレはバンバン晒してますが、そこは構わないのであります。ワタシが責任持ちますから。

ショーの感想

夏にみに行ったウルトラマンフェスティバルでは、開演中の写真撮影(動画以外)はオーケーでしたが今回はNGでした。

僕は特に撮影する気もなかったので全く構いませんでしたが、ただ単純に理由を考えてみたところ、恐らくですが役者さんが登場するからなんじゃないかな、という結論に至りまして。

そう、今回のウルトラEXPOには、実際にウルトラマンに出てくる役者さんたちが出演するんですよ。

これにはさすがに子供達は大興奮でしたね。見渡すと興奮してるのは子供達だけじゃなく、若くてイケメンの主人公に黄色い声援を送るお母様方もげふんげふん。

内容自体はいつものウルトラマン。王道。僕らが小さい頃にデパートの屋上で見たときと基本的には同じ。

けれども当たり前ですが完璧なんですよ。一切スキがない。例えば自分の台詞を話してないときの司会役のお姉さんの佇まい、というか一挙手一投足にも全くスキがない。プロ中のプロを集めてエンターテイメントを行うとこんなに凄いのかと。

個人的にはですね、戦うシーンのときに、さっき書いたボイジャーさんが登場してきて歌を添えてくれたのは感動した。偉く感動した。

ボイジャーさんは男女2人組みのユニットで、僕は前から四列目下手(シモテ)で見てたんですけど、ちょうどお姉さん側でしてね。

いや、ほんと歌がうめーなぁ、と。正直涙がジワっと出てきました。歌の上手さってそれだけで感動しますよホント。それに美人だし。こういう人を紅白歌合戦に出しなさいよ。

そーそー、このあいだの紅白歌合戦みました?僕も数年ぶりにフルでみたんですよ。毎年大晦日は自宅にいることがほとんどなんですけど、近年は紅白の途中でそのまま寝ちゃってたんで。

やっぱエレファントカシマシが出るっつーことでね。そこはみておこうかな、と。どうせなら「今宵の月のように」じゃなくて、同じ一般層向けなら「悲しみの果て」をやって欲しかったけど。

いや、改めてみたけど宮本はすごいわ。断言するけどこの曲は宮本しかうたえない。というかエレファントカシマシの曲ってぜんぶそうだけど。

そう、紅白歌合戦でしたね。個人的には高橋真梨子さんが一番感動しました。あれくらい豪華なメンバー集めちゃうと、その中でもやっぱ歌に全てを捧げている人たちと、音楽を手段としてる人たちとの差が浮き彫りになる気がいたします。

それにね、普段の音楽番組なんかでは気にもしてませんでしたが、「歌合戦」という看板を掲げている以上、やはり歌って欲しいし、バンドだったら演奏もしてほしいわけですよ。

そろそろタイトルを「紅白ミュージックフェスティバル」に変えるか、このままで行くなら生歌生演奏を前提に出演者を選出するかのどちらかにした方がいいんじゃないかと。

ま、いろいろな事情があるのもわかりますけどね。僕も保守的なおっさんですから、出来ればずっと大晦日は紅白歌合戦を家族で見て過ごしたいなと思っておりますので、そこは応援の意味で。

というわけで

相変わらず話が逸れるオガーTVブログでした。

とにかくもう少しのあいだだろうけど、セガレのウルトラマン熱に出来る限り付き合ってあげたいと思っております。

僕の取引先のHさんに言われた「ウルトラマンが好きな子に悪い子はいないよ」という言葉を信じて。

ではまたっ!!

東京ドームホテル1階エントランスにて。

今回行った場所

今回使用したカメラ

スポンサーリンク
アドセンス




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス