「雪よ降れ」から「春よこい」へと。

気がついたら10日ぶりのブログ更新になりました。

といっても商売が忙しかった、というわけでもありません。よく「二八(ニッパチ)の法則」と耳にしますが、我が業界も毎年そんな感じです。

じゃあ何が忙しかったかと言いますと、動画を数本作ってたからですね。アレやり出すとブログとか散歩写真とかに気が回らなくてね。

そして、これから3月上旬にかけて作らなければいけないのも2本残ってます。ですがまぁ、ちょっとこのへんで休憩ということで。

というわけで、本日は自分の近況報告的な記事になりますが、どうぞよろしく。

スポンサーリンク
アドセンス




雪よ降れ

現在、僕が「編集長」を務める我が小学校のPTA広報誌ですが、COCOR2というサービスを使い、スマートフォンやタブレット端末で動画が見られるコーナーがあります。

紙面は全面カラー。そして動画コンテンツまで掲載。

こういった革新的なこと、もちろん僕が始めたのではありません。前任の編集長が中心となって成し遂げたことです。つまり僕が入部したときにはシステムが揃っていた状態です。

そんな贅沢な環境で後任の僕が全力を出さないわけにはいかないじゃありませんか。

今学期。会議で今回の動画は「1、2学年生のそり遊び実習」に決定。撮影班はスチル(静止画)がMさんでムービーが僕の計2人。

学校行事の撮影においてMさんと僕はもはやツーカーの仲です。1を伝えれば10を理解してくれる男なんで、そちらは何も心配していませんでした。

心配なのは天候。というのも今年は雪が降っては解けての繰り返しなので、2月に入ってからはずっと「もっとふれー。寒くなれー」とお祈り状態でしたね。

それが効いたのか、当日は天候も雪コンディションもバッチリ。

150人分のカラフルなスキーウェアやそりが、次から次へと真っ白なゲレンデを滑り降りてくる様子は本当に綺麗でした。

ちなみに場所は平田町のピクニックランド。もちろん当日の写真は載せられません。これは一週間ほど前に下見に行ったときの写真です。

そういえば前々日にもそり遊びをやりました。セガレと近所の仲良しの子と僕の3人で日和山公園にて。

大人になっても雪で遊ぶのは楽しいよね。

春よこい

さて、もう撮影も終わったので、もう雪も寒さもいりません。つまり考えることは「早く暖かくならないかなぁ」です。

そう。カメラ抱えてぶらっと散歩にでもいきたい。もう雪も灰色の空もいらない。

と、思ってたら今日はチラっと青い空が見えたので、最近では珍しくクルマに一眼レフを載せて外回りに出ました。

酒田市郊外にある謎の建物。

いつ来ても誰もいません。クルマの中で昼寝している営業マンは見かけますが。

ココって僕もよくわからないんですよ。いつ誰が何の目的で作ったのか。どのように利用しているのか。もし、詳しい人いたら教えてください。

そういえば今日は珍しくズームレンズを着けてきました。

いつも僕は一眼レフを持ってスナップする場合、ほとんど40ミリか50ミリの単焦点レンズです。理由は軽くてキレイに写るから。

もちろん最初のころは「あぁ、ここでもう少しズーム出来たらなぁ」と思うことはありましたが、今ではそういうことはありません。「これで撮れないものは撮らなくていいもの」と割り切ってます。

だけど今日はズームレンズ。しかも妻の亡くなったおじいさんが使ってた、いわゆる形見のレンズ。

・・・こうやって書くと「舶来製のすげーレンズ」を想像するかと思いますが、残念ながらカメラを買ったら付いてきました的などこにでもあるものです。オークションあたりだと2000~3000円あたりで取引されてるみたい。

EF28-80mm F3.5-5.6 USM Ⅳ

90年代前半のCanonのフィルムカメラに付いてきたものでしょうか?USMなのでAFは意外に遅くありません。

ただし開放付近はやはりモヤーンとした写りになるので、僕はF8から11限定で使ってます。すると結構イケますよ。屋外、しかも日中限定なら意外に「バレない」かもしれません(笑)

さっき「撮らなくていいもの」と書きましたが、これはあくまで趣味の話でして、例えば紙面や動画を作るためにカメラを持ち出す場合は、そんな眠たいことは言いません。ちゃんと仕事としてやるので、自分で出来る可能な範囲で考えられる道具と知恵、つまりベストを尽くします。そうじゃないと僕は楽しくないんですよ。テキトーにやるってのがホントつまんなくて。

編集だけじゃ無く、自らカメラを持って動画を撮りだした頃ですかね。

鬼、いや妻に言われた「いいものは撮れるものじゃない。撮りにいくのだ」という言葉がどうも忘れられなくてね。

それまでちょっと舐めてたというか、勘違いしてたんですよね。「とにかくたくさん撮ってれば使えるのが出てくるだろ。あとは編集で何とでも出来るだろ」みたいな。

それは大きな間違いで、結局テキトーにやったことなんて、テキトーなゴミデータが山積みになって残るだけでしたね。自分でやってみて初めてわかりました。いいものを撮りにいって撮りにいって撮りにいって、初めてちょっぴり残るもんなんだな、と。

「じゃあ、お前がいういいものってなんなんだ?」という話になるわけですが、あくまで広報誌用に作る動画の場合ですけど、見る人の多くの不変的な感性に伝わるもの。単純にいうと気持ちがいい、心地がいいと感じてもらえるものですかね。うん、たぶんそういうことだと思います。それを目指しています。

反面プライベートではこういう好き勝手な写真を撮り捲くる(笑)

結局こういうことが上手くバランス取りに役立ってるのかわかりませんが、とにかくPTAのお仕事での撮影や製作、趣味での写真撮影、そして依頼を受けての動画製作、全て楽しくて仕方がない毎日です。

というわけで

今回は近況報告的な内容になりました。

またしばらく動画製作が続くんですが、また合間にいろいろ更新していくつもりであります。

全て終わったら、ぶらっと知らない街にカメラもって遊びに行きたいもんですな。

ではまたっ!!

スポンサーリンク
アドセンス




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス