歩き疲れて眠るだけ

「働いて眠るだけ」と歌ったのは忌野清志郎ですが、本日歩き疲れて今にも眠りそうなのが僕である。

金が欲しくて働いて 眠るだけ

-RCサクセション「いいことばかりはありゃしない」より引用-

それにしてもだ。

忌野清志郎は亡くなってから神格化されすぎている。

あの人は全力でジョークをやった最高にかっこいいロックンロールな人だと思うが、一部の人のあいだで何故か反体制のシンボルとされている。

んなわけあるかと思う。タイマーズもカバーズというアルバムさえも僕は全部彼のジョークだと思っている。

そんな僕がRCサクセションの代表曲をひとつ選べともし言われたなら、迷い無く「トランジスタ・ラジオ」と答えるでしょう。

スポンサーリンク
アドセンス




午前の部

一日中歩いた日。午前の部は息子のジュニア合唱団の付き添い。彼が練習している間、僕は駅前周辺を散歩撮影。

それにしても暑い。黙ってりゃそうでもないんだが歩くと暑い。もううかつに散歩とかやってる場合じゃない季節になってきた。

なんというか色々と押し出しが強くていいんじゃないかな。

いつもどおりすっきりとした駅前であります。

本日の鳥海山撮影1回目。あれ以来、僕も鳥海山を撮ることに違和感が無くなって来た。せっかく地元の山なんだからね。

暑くてコンビニで買ったアクエリアスをガブガブ飲みました。

午後の部

今度は歯医者の付き添いで15時から日吉町へ。じつはここの前にも13時~13時45分まで近所をサイクリングパトロールに付き合わされていたので、この時点で結構くたびれている。

それにしても夏である。

日和山公園へ。今日もおびただしい数のポケモンGO(たぶん)プレイヤーがいた。

あの光景はなかなk異様である。若いのから僕より年が上の連中まで、揃いも揃ってスマホを眺めつつ何かやっているのである。

いや、もちろん他人の趣味にケチつけるのはいけない。だから「やめろ」なんて言うつもりはない。これはあくまで感想である。別に感想ぐらい言ってもいいでしょ。

別に僕の趣味である「写真撮影」が高尚だなんて言うつもりはないよ。実際、写真趣味の世界でも僕が理解できないのたくさんあるよ。

例えばこのへんじゃあまり聞かないけど、それでも僕が一度見たことあるのは「モデル撮影会」ってやつね。みんなでお金出し合って綺麗なモデルさん呼んで撮るやつね。

アレちょっと僕はわかんない世界。もちろん同じ女性でも友人ポートレート撮影なら興味あるよ。友人とか知り合いを綺麗に、もしくは男ならかっこよくとか撮ってみたいじゃない。

じゃなくて見ず知らずの人にお金払って撮影するって感覚が僕にはないみたいね。

まぁあくまで感想ですからね。けして否定してるんじゃないよ。僕がやってる散歩写真だって「意味わかんない」「気持ち悪い」って人は多いだろうし、それで結構だと思います。・・・おっとネコ君、キミはどう思うかい?

夕方の部

今度は夕食後。妻が散歩行こうぜとか言うから親子三人で近所を散歩。

廃校になった小学校に咲いてた。この写真が今日撮った中で一番好きかな。

なぜ人は夕日を撮りたくなるのか?

本日2回目の鳥海山撮影。

あの廃校になった小学校に通ってたコたちは、しょっちゅう土手に上がってこういう景色を見てたのだろうか?大変羨ましい。

このへんまで来ると、くたびれて僕はほとんど口をきいてません。

それにしてもいい夕焼けである。

本日終了。

というわけで

自転車パトロールも合わせると、僕は今日4時間くらいカメラぶら下げて外をウロウロしたことになります。

よう、やるわ、マジで。

やっぱモデル撮影会の人たちのことを言えんわな。僕も十分意味不明。

・・・でも、やめられないんだなこれが。明日も色々あるけど、まぁ今日はこのへんで寝ることにします。

ではまた。

スポンサーリンク
アドセンス




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス