酒田日本海寒鱈まつり2020に行ってきた。

例年だったらこの時期は軽く吹雪いてるのが当たり前の我が町酒田市。今年はなんと吹雪いているどころか道路周りに積雪すらない。

というわけで息子と二人で昨日から街中で行われている寒鱈まつりに行ってきました。僕が寒鱈まつりに出向くなんて下手すりゃ10年ぶりくらいかもしれない。

スポンサーリンク
アドセンス




寒鱈まつりとは

簡単にいうと郷土料理である寒鱈汁という食べ物を食べるまつり・・・なのかな?いや、たぶんそうでしょう。一年で一番寒いこの時期を栄養満点で身体の芯まで温まる寒鱈汁を食べて乗り越えようぜ的な。

寒鱈汁の作り方

2日目午後から

1月25日26日の二日間開催でしたが、25日は朝から晩まで予定がてんこ盛りだったので本日26日午後から行くことに。

さて、今日は息子と二人でのお出かけです。とりあえず日和山公園のてっぺんにじいさんからクルマで送ってもらい、あとは見物しながら徒歩で帰ってくるというプラン。

いざ

当然二人ともカメラ持ちです。お互いを撮りながら散歩しようという息子の提案に乗りました。

映画「おくりびと」のポスターの真似。

そこは開かないよ。

それはしょんびき(鮭の塩引き)という食べ物だ。

「こっちの道が面白そうだ」とキャバレー白ばら方面へ行く息子。なかなかストリート写真家としての嗅覚が鋭いじゃないか。

そろそろ、会場の方へ行こうぜ。

太鼓道場「風の会」のみなさん。寒空の下の和太鼓ってのはいいもんだね。

いい感じで賑わっていて楽しい。そう、街は人で賑わってると楽しいもんだ。もちろん写真を撮っていても楽しい。

中央公園は大盛況。一杯100円でいろんな種類の日本酒が呑めるというイベントやってました。

僕も一杯だけ頂きました。身体がポカポカになりましたよ。

どれ、さっき見かけたふりふりポテトを買って帰るとするか。

酒田はいいとこだなぁ。

俺たちのふりふりポテトをずっと狙っていたカラス君だってそう思うだろ?

ということで

2時間くらいの散歩となりました。え?肝心の寒鱈汁の写真が無いって?

そりゃそうよ。おれ、寒鱈汁嫌いだもん。

まぁまぁまぁまぁ、いいじゃないですか。というより本来は猛吹雪の中で食べるのがいいのよ、寒鱈汁は。

ということでなんとなく雰囲気は伝わったでしょ?来年は普通に雪景色の中での寒鱈まつりになると思うので、ぜひこれを読んでる県外の皆様も遊びにきてみてはいかがでしょう?

ではまた。

スポンサーリンク
アドセンス




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス