もはや散歩するしかない

とにかくここ一ヶ月、いろんなものが中止になったり延期になったりする中でその都度対応を迫られる日本なわけですが、それは私みたいな末端の人間とて例外ではなく、まぁいろいろ対応策を打ち出す会議みたいなものも発生するのでございます。

そんな日々にくたびれた人々をウィルスは狙っております。ですので、そうはさせるかとばかりに散歩してきました。人間、陽の光に当たらないと腐っちまいますからね。

というわけで散歩してきました。

スポンサーリンク
アドセンス




ホームタウン

今日は「クルマでどこかへ」なんてことはしません。ほんと自宅近辺の散歩です。最近、平日のお伴はRICHOのGR2なんですが、今日みたいな好天の日はSIGMAのFOVEONセンサーが大活躍するはずなのでDP1を手に。

学校。「息子の通う~」というより、最近では半分職場のように感じてきたワタクシ。



東京のドブ川みたいなシーン・・・いまどきドブ川なんて言わないか。

気合い入ってるね。

とりあえずココはシャッターを切っちゃいますね。

河津桜が大変キレイに咲いておりました。



このカメラは極端に逆行に弱いのであります。真ん中よりやや右下あたりにゴースト出てますね。

かつて公衆電話が置いてあったんだろうな。

こっちってあんまり行ったことないな、と思ったら変な空き地が。

「亀ケ崎城下大絵図」と書いてある。

ふーん。今度歴史に詳しいPTA会長M氏に聞いてみよう。

ちっちゃい鳥居と湿地帯とかあったりしてミステリアス。

山居橋を渡り帰路へ。

観光バスは一台も無かったけど、ツーリングの人たちはわりといました。あと、地元ナンバーのクルマが多かったかな。

というわけで

例年であればこの年度末ってヒマなんですよ。PTAとかの仕事や会議もないし。

けれど先に書いたように今年は例外。その他方面で結構バタバタしております。みなさんもそうだと思いますが。

まぁ息詰まったらカメラ持って散歩した方がいいですよ。楽しいから。

ではまた。

スポンサーリンク
アドセンス




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス