【115日目】早朝交差点観察日記

7月もちょうど半ばである。なのに気温は低いし雨が続いている。

だいたい近年の梅雨といえば6月は空梅雨で、7月の上旬あたりから激しい雨と雷雨が少し続き、それがもうすぐ梅雨明けだなというサインでもあったりするわけだが、今年はなんとなくダラダラと雨が続いていて、本格的な夏の到来がいったいいつになるのか予測もつかない。

ところで、僕の場合毎日のように写真を撮ってるけれども、アマゾンプライム会員なら無料で利用できるAmazon Photosというクラウドサービスを利用してバックアップを取っている。

そのAmazon Photosは律儀に「昨年の思い出」といった感じで、過去の同日に撮った写真を通知してくれるのだが、昨年の7月15日はキャンプに参加していた。とてもよく晴れた夏らしい日の写真だった。早くこんな日が来ればいいのに。

さて、そんな感じなので早朝交差点も雨の日が多い。しかし子どもたちは変わらず元気である。特に7月に入ってからは大きな声で挨拶する子が増えている。

ただ、傘を持ってる子とそうでない子がまちまちだ。この時期だから登校と下校時では天気ががらっと変わる日も多いので僕も天気予報を確認してから息子を送り出すのが日課なのだが、うっかり忘れてしまい傘を持たせないときもあったりする。

昨日の下校時もそのようなことがあった。

うちの事務所の入り口にはちょっとした屋根があるので、帰り道に雨宿りをする子たちが稀にいる。昨日は毎朝見かける兄妹が雨宿りしていた。お兄ちゃんの傘に二人で入り帰ってきたようだが、途中少し激しく降ってきたので小休止した様子。

だから声を掛け一本傘を貸してあげた。「いつでもいいよ」と言ったのだが、今朝登校時に返してくれたようだ。

何となくその傘を見たら楽しくなってしまい思わず写真を撮った。早く梅雨が終わるといいな。

スポンサーリンク
アドセンス




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス