【154日目】早朝交差点観察日記

だんだん秋も深まってきた。街路樹は赤みを帯びてきたし、どうやら白鳥の飛来も始まったらしい。瞬きひとつですぐにでも冬が訪れそうな気配である。

僕はといえばようやく繁忙期も終焉を迎えつつある。とはいっても「はい!終わり!」という感じでもなく、毎年この時期あたりからこのままゆっくりとフェードアウトし、10月下旬あたりに気がつけば終わっているという感じではあるのだが。

この8月下旬から10月下旬までの2ヶ月間。毎年同じように過ごす時期ではあるのだが、終わった後の感想は毎年違う。気がつけばあっという間に終わってて拍子抜けするかのように余力十分で終える年もあれば、その逆もある。どうやら今年は後者であり、僕はいま非常にくたびれているようだ。

今朝の交差点での見回りも一瞬ボーッとしてしまい、背後にいる子どもたちの気配に全く気づかず一組の登校班の横断を渡しそびれたり、「おはようございます」の大きい声でビクっとしてしまったり色々とたるんでいた。

結局こういうのは体力低下とストレスが原因なので、よく寝てよく遊べばすぐ元通りになるのだ。

指し当たって今の僕にとって楽しいこととは子どもたちが楽しそうに遊んだり、力を発揮したりする瞬間を写真機なり動画機なりで記録し、そして伝えることである。もちろん大変なときもあるが、いつもその大変さを楽しさが下回ることはない。

これから数週間、それが続くと思うと楽しみで仕方がない。そのためにはまずは体力だ。今週は毎日早く寝ようと思う。

スポンサーリンク
アドセンス




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス