少年剣道

剣道

技の伝承は時空を超えて

5月に行われた剣道大会で息子が珍しい技で一本を取った。メン返しドウという技で、相手が打って来るメンを受け、返す刀でドウを斬るという技だ。 技そのものは珍しくは無く、今どきは小学生もよく使う。だが、これまで息子自身が使ってみせたことがほとんど...
剣道

自分で気づいていかなくちゃいけない

昨日の地区総体、残念ながらうちのチームは望みどおりの結果にならなかった。個人戦で県大会の出場権を獲得した子は何名かいたが、やはりそこは学生剣道の花形である団体戦でそうならなかった悔しさが、終わってからも剣道部全体にずっと残った。 それはそれ...
剣道

もう少しだけ、思い出にならないように。

僕と同年代あたりの人は驚くかもしれないが、現代の中学生の部活動は保護者のサポート無しでは成り立たない。 昔と違って遠征や大会で数台のクルマで乗り合っていくことは保安上不可だし、そもそも土日の活動は学校ではなく保護者管理の元で行うというシステ...
剣道

稽古納め

部活動の剣道が終わったのが26日。それだとちょっと稽古始めまで間が空くなぁと思い、本日28日に近所の体育施設を借りて稽古納めを行った。 僕が子どもの頃だと30日くらいまでやって、元旦に初稽古というのが慣例だったが、今はそういうわけにもいかな...
剣道

だんだんと洗練されていく

昨日は県の道場連盟主催の小中学生による剣道の選手権試合があった。 普通、学生の剣道大会と言えば団体戦がメインで、大会によっては個人戦も行われるというパターンが主流だから、昨日みたいな個人戦のみの文字通り選手権試合は珍しい。しかも学年別のトー...
剣道

竹刀を組み立てながら考える

最近、息子たちと剣道をするのが本当に楽しい。「たち」というのは道場の中でも常に大会に出ている連中のことだ。前々から指導者の先生方が都合がつかないときなどは、僕がサポートとして一緒に汗を流しながらコーチングをしてはいたのだが、ここのところレギ...
剣道

小6の息子と過ごした夏

お盆休みが終わったり、高校野球の閉会式だったり、はたまた朝夕に秋の風を感じたりと、夏の終わりを実感することは人それぞれだとは思いますが、僕にとっての2022年夏は昨日行われた少年剣道地区大会で終わりました。もちろんこのあとには10月の県大会...
剣道

第56回全国道場少年剣道大会へ行ってきた。

先月の28日ですから、ちょうど10日前になりますかね。息子が所属する道場が「第56回全国道場少年剣道大会」に出場するので付き添いとして東京・日本武道館へ行ってきました。※出場することになった経緯はこちら↓3年ぶりに開催されることになった当大...
剣道

いざ真夏の日本武道館へ

先月末のことになりますが、2022年の全国道場少年剣道大会の山形県予選が行われ、息子が所属する道場がベスト16まで勝ち進み、この結果、7月下旬に日本武道館で行われる本大会へ出場することとなりました。…と、簡単に書いてますが死闘でございました...
剣道

腰を入れてまっしょうめん!から

僕の少年時代のことを思い返してみると「剣道をやっているのは当たり前」のことに思っていた。もともと生まれ育ったところが剣道が盛んな地区というのもあったし、母方の叔父は剣道の先生であり、その息子、つまり僕のいとこが小学生時所属したこの地域の道場...