カメラと遊んだ2019年4月まとめ

現在平成31年4月30日19時30分。新時代幕開けまで残り4時間半となりました。

ということでオガーTVブログも平成最後(一度言ってみたかった)の更新となりますね。

みなさんにとって「平成」はどんな時代でしたか?とテレビで街頭インタビューやってますが、まぁ30年間をひとことで言い表せるわけはありません。

ただ、この国において一度も戦争が起きたり参戦したりといったことが無かったのは大変良かったと思います。

というわけで今月まとめ。

スポンサーリンク
アドセンス




ようやく訪れた春

今年は早いようで遅かったような春。やはり4月はいいですね。新しい季節はピシっとします。

今月、プライベートな写真は全て焦点距離135ミリというレンズで過ごしました。手に入れたばかりだったので早く慣れたくてね。

写真を異常に撮る人だったらわかってもらえると思いますが、その日持ち出したレンズによって外を見る目が変わります。特にズームできない単焦点レンズばかり使う僕みたいな人ね。

僕は28ミリとか50ミリの感覚には慣れました。ファインダーや液晶を見る前から画角がわかります。だけど、さすがに135ミリというのは特殊なので最近になってようやくって感じ。

中望遠はほんと面白いです。世界を覗き込むような感覚が。

友達のクルマ。もっとかっこよく撮りたいので今度はきちんと外で撮りましょうね。

鳥海山を撮ろうとカメラを構えたら、ちょうど右から船が出るところだったので一緒にフレームに入れてみました。撮ったときは「これはなかなかいい場面が撮れたかな」と思ったんですが、いま見るとそうでもない。むしろ変。主題がどっちかわかんなくなってる。写真って難しいですね。

昨日、高橋奏さんと晩御飯がてら居酒屋warkに行きました。2時間半くらいしゃべりっぱなし。とてもいい時間でした。

奏さんはいい友人です。ぶっちゃけ一緒にいるとラクチンなのよ。何がラクチンってお互い10言おうとするんだけど6~7の時点で通じるから展開が早いの。だからラクチン。

※以前、居酒屋warkについて僕が書いた記事はこちら

奏さん、とりあえず音楽活動をやめるみたいだけど、別にもともと流行廃りを追いかけてるタイプでもないので、またやりたくなったらやればいいと思いますよ。

別に飽きたからやめるわけじゃないでしょうし。というより音楽だけじゃなく何でもそうだけど、飽きてからが本番なのよ。楽しい面白いだけでやってるうちはまだ序の口・・・なんて上から目線で言ってみるテスト。

まぁ僕なんかは写真撮るのがちっとも飽きないんで、そういった意味ではまだまだコゾーなわけでしてね。まだまだ先は長そうだね。

桜も散った。平成も終わる。さぁ新しい時代へいきましょう。

ではまたっ!!

今回使用したカメラとレンズ

スポンサーリンク
アドセンス




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス