誘われるように異空間へ

またもや散歩シリーズ!!

けれどもいつもの健全な感じではないぜ!!したがって口調もこんな感じで行くぜ!!なぜなら今回は待望の酒田駅周辺だからであーる!!

何が「待望」って奥さん、酒田駅前あたりっつったらもはや魔界といってもいいかもしれない。(付近の住民のみなさん、ごめんなさい。ただの偏見です)

以前の記事で「酒田の中町から日吉町あたりって並走してる感あるよね」とか書いたけど、今回の酒田駅前は違う!!あそこは完全にアウトサイドだ!!

あのいかがわしさと不健全さ(たびたび住民の皆様すみません)こそがスナップシューターのワシ(駆け出し3ヶ月目)が求めていたもの!!

だいぶ前に、駅の前で誰かと飲みに行く待ち合わせをしたことがあった。そしたら目の前にいた出張族みたいな1人のスーツ姿の男が、手に持った携帯電話に向かってこう話していた。

「すげーよ酒田。何も無いところだよ」

おいおっさん。何も無いんじゃない。お前に何も見えていないだけだ歩け。歩いてわき道に入ってみろ。そして下のお店のようなところへ飛び込んでみろ。

少しは何かが見えてくるかもしれないぜ?

では行ってみましょう!!

スポンサーリンク
アドセンス




日曜朝5時45分散歩開始

駅前の無料駐車場はいつもクルマがいっぱいだ。有料にしてほしいものだと思う。そしたら少しは減るだろう。だいたい酒田の人は駐車料金を払うのに抵抗感を持ちすぎなのだ。

ようやくみつけたスペースにクルマを停めいざ出発。今日のウォークマンは何を選んでくれるかな?・・・ニューヨークドールズか。オーケイ、ウォークマン君、なかなかわかっているじゃないか。

一曲目の「パーソナリティクライシス」を聴きながらずんずん歩く。この曲が一番好きだな。やっぱロックンロールバンドはこういうちゃぶ台返し感があるナンバーを持ってないと僕はダメなのよ。

ニューヨークドールズというと「セックスピストルズが手本にしたバンド」というイメージが強いけど、僕は普通にロックンロールバンドとして彼らを知った。音楽的にかなり純度の高いロックンロールだと思う。

酒田ミュージックファクトリー入り口前。いいですねぇ。いかがわしいですねぇ。不良感ありますねぇ。

やっぱさ、ロックを含めたああいう文化はさ、基本不良のものですよ。最近一周してそう思うようになったわ。

確かにロックだのライブだのってのは「不良のものだけじゃない!」「そういう時代でも無い」んだろうけど、やっぱそれらを支えてきたのは不良だよ。腹に一物抱えた連中が歴史を作ってきたんだよ。

そこ忘れちゃいかんよね。だって基本だから。

これはたまらんなー。

じつは僕、このへんに昔親戚が住んでて、小さい頃はよく遊びに来てました。この階段懐かしいな。

住宅街ってあまり散歩スナップしてても面白いものではないんだけど、このあたりはやはり何かが違うなー。

昨年度までセガレが通ってた酒田幼稚園。子供だけではなく我々夫婦も大変お世話になりました。

スタート地点へ戻る。約1時間の散歩が終了。

足りない

あの異空間ぶりを伝えきるには、たった一度の散歩程度じゃ無理ざますっ。

というかやはり街や路上は面白い!!僕の求めていたものはコレだ!!

時間を変え、季節を変え、先日の中町日吉町あたり、そして今回の駅前。このへんをどんどん攻めていきたいと思っておりますハイ。

今回歩いた場所

今回聴いたアルバム

今回使用したカメラ

スポンサーリンク
アドセンス




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス