CODWW2を80時間遊んだ感想

どうもオガーです。

コールオブデューティ・ワールドウォーⅡ(以下CODWW2)の発売が昨年11月3日。これを書いてるのが2018年2月3日。

したがってちょうど3ヶ月経過ということですね。改めて感想をひとつふたつ述べたいと思います。

※これまで書いてきた記事は以下になります。

CODWW2を発売初日に遊んだ感想

CODWW2を30時間遊んだ感想

スポンサーリンク
アドセンス




ここまでのプレイ時間

Call of Duty®: WWII_20180203072914

こちらが僕のプロフィール画面です。プレイ時間のところに「3日12時間」と表示されています。したがって厳密には「24時間×3+12時間」なので84時間ですね。

84時間というとゲームをやらない人にはずいぶん長いプレイ時間に感じるかもしれませんが、それなりにFPSを遊んできた方にとってはまだまだ序の口。そして初心者にとっても「FPSなんて100時間まではチュートリアル」なんて格言(?)があるくらいです。

見てのとおりどこにでもいるような凡プレイヤーの僕。

主に遊んでるルールはチームデスマッチ、キルコンファームド、WAR、あとドミネーションを少々。

プレイスタイルは我こそ先にといった突撃タイプでもなく、スナイパーライフルを持って一箇所で待機というわけでもなく、ほとんどアサルトライフルで近~中距離戦闘って感じですかね。

トシですのでね、若いモンと正面から反応速度勝負に挑んでも敵わない。だからなるべく正面で出くわさないように立ち回ってます(笑)

キルレシオは1.27.コレどのゲームやってもこんな感じです。だいたい1.2~1.6くらい。CODシリーズに限らず、バトルフィールドでも同じ。このへんが僕の実力なのでしょう。

だからキルレシオなんて意識したことないです。だってどれやっても同じくらいに収まるんだもん(笑)

よく「キルレ」が下がると恥ずかしいからとかいって消極的な戦いになったりする人いますけど、それは本末転倒ですよ。この数字は普通に戦った結果として見るから初めて指標になるんであって、上げようとして上げたキルレシオに意味はないはずです。

まぁ気持ちはわかりますけどね。学生とかだったら友達同士で「おまえキルレいくつ?」みたいな話になるんでしょうから。

ちなみに僕はいつも一人でプレイしています。パーティ組んで遊んだコールオブデューティなんてブラックオプス2が最後かな。

今作の良いと思うところ

そんなまったり凡プレイヤーの僕による今作のいいと思うところ。

☆ヒット音(敵に弾が当たったときのボボボボみたいな音)が気持ちいい。

☆一箇所に引き篭もっているプレイヤーにほとんど遭遇しない。つまり篭りながらはキルしにくい仕様になっている。

☆BGMがかっこいい

☆スキルベースマッチングが働いてるのか不明だが、わりと接戦が多い。

改善して欲しいところ

☆ダメージを受けた際の回復速度が遅いので、テンポ良く次々と戦闘に挑めない。回復速度を早くして欲しい。

まとめ

一部話題になったレクイジションについては、個人的にはどっちでもよいですね。このままでも弱体化が入っても。

というのも僕は発売日初日からレクイジションを使ってるんですよ。だって僕にとってCODといったらキルストリーク(スコアストリーク)の気持ち良さこそがオンリーワンなわけです。

それをあんなお手軽に出せるなんてね。とはいっても高キルストなんか設定してないです。戦闘機乗りと滑空爆弾、そして高キルストは救援物資頼み。ずーっとコレ。

でも確かにハードポイントやドミネーションでのレクイジションが試合を壊しちゃうレベルなのもわかる気がします。一番つまらないのは嫌気がさした人達がどんどんいなくなって、マッチングが困難になるくらい過疎っちゃうことなんで、ゲームの寿命を延ばすためにも、という意味で弱体化が来てもいいかな、と。

だって先日モンスターハンター発売されたじゃないですか。それにこのゲームもDLC第一弾が出たし。

過去の例から見るとだいたいこういうタイミングでプレイ人口が減っていく、というかほんとマッチングが遅くなっていくんですよね。ルールによっては延々と始まらなかったり。

それが僕はちょっと嫌なので、何とか次のコールオブデューティ、もしくはバトルフィールドまで快適に遊ばせて欲しいんですよハイ。

そのためならどんな調整来ても構いませんよ。運営さん、何とかお願いしますね。

というわけでですね、最後に僕がこれまでプレイしたものを適当にまとめた動画を貼り付けておきます。まだ未プレイの何か参考になれば、と。

ではまたっ!!

今回プレイしたゲーム

スポンサーリンク
アドセンス




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス