今年もユニオンジャックコレクター祭りに参加してきた

どうもオガーです。

というわけで、昨日12月9日は以前お伝えしていましたとおり、ユニオンジャックコレクター祭りに参加してきました。

酒田は8日から大雪でね、それはもうまいっちゃいましたよ。朝から3時間雪かきしましたからね。おかげさんですでに身体が暖まっている状態で会場入りできましたが(笑)

スポンサーリンク
アドセンス




出演バンド&アーティスト総勢10

このイベントにはいわゆる縛り、というか課題があります。

それは「U.K.ロックのカバーを最低ひとつはこなさなければいけない」というもの。英国好きの店主テラウチくんならではのアイディアだぁね。

当たり前だけど、普段はそれぞれオリジナル曲をプレイしてる連中なわけです。でもロックンロールバンドたるもの背中には自分達なりのルーツミュージックを背負ってるわけです。いつもは隠してるだけでね。

まぁいわゆるバックボーンですよ。これがぶっとい奴らはそんじょそこらの壁にぶち当たったくらいじゃ右往左往しないのよ。そういうもんです。

んで。

そんな連中が今回はそういった理由でカバー曲をやらなくちゃいけない。だけどここで面白いのは例えばSex Pistolsが好きだからっつーてAnarchy in the UKとか誰もやんないわけ。ニワカくさいから(笑)

いいねぇピストルズ。おれは46歳になった今でもこういう破壊衝動とか暴力衝動を捨てることが出来ない。もちろん行動には移さないけど。

話を戻そう。

だから選曲のセンスが問われるわけですよ(笑)例えば出演バンドのひとつ、SHOCKER WOO HOOなんかはビートルズでも「Back In The U.S.S.R.」とかやっちゃうわけ。

このへんを攻めるわけですよ。あまりマニアックだと「誰も知らんわ」ってなるからね。例えばストーンズだと、うーん、そうだなぁ・・・せいぜい「ビッチ」とかが限界かな。ブラウンシュガーはニワカ判定で「スウェイ」だと一般的な広い意味でのロックフリークスにはマニアックかなという感じ。

んで、僕は昨年同様一番最後のSPECIAL BAND枠にて出演しました。ドラムでね。

主催者のテラウチくんが「クイーンやるよ」と言ったから、まさか「ボヘミアン・ラプソディ」じゃないだろうな、と思いましたがコレでした。↓↓

難しい曲を選んでくれますね、まったく。でもまぁ、気持ちよく演奏出来ました。

このQUEENからはこのUNDER PRESSUREのみ1曲だけで、他にもカバー3曲、合計4曲をドラム叩かせてもらいましたよ。

そういえば前回の記事で「僕のドラムは難しい技は何も使わないので、ブランクあれどすぐ身体が思い出します。染み付いてますから余裕です」なんて偉そうに言いましたが、ライブは別の話でした。

やっぱステージ上がって人前で何かをやるっつーのは普段からやってないとダメですね。たった4曲なのに緊張してるのか変なトコに力が入って異常に疲れました。

著者近影。DOLIPULEのTシャツ着てるのわかります?ちょうどライブ前に入手したので来てみました。

昨日はDOLIPULEも出演しましてね、彼らもカバーやってくれました。あれ、何か知らないけど嬉しかったなぁ。

やっぱさ、ロックンロール音楽は伝達していって欲しいわけですよ。世代を超えて人種を超えてね。そういう力があると思ってずっとやってきたわけだから。

そういう意味でも嬉しかったね。DOLIPULEはほんとええよ。ああいう奴らがバンドやっていろいろ撒き散らしてくれてるだけでおれは嬉しいよ。こまけーことはいいんだよ。おりこーちゃんなんかくそくらえよ、と体現してくれるのが最高。

DOLIPULEの仲間達やthis isの連中ともひさびさに会えたしさ。やっぱライブハウスは面白いトコだよ。最悪で最高な奴らが集まってくるから。

最後は

最後は毎年恒例ローリング・ストーンズのサティスファクションをダラーっとした感じでやって大団円。

去年だったか「オガーさんもストーンズ好きなんだから、来年コピーバンド作って出ればいいじゃないですかー」と誰かに言われたんだけど、ストーンズって初期以外はUK色薄いじゃないですか。ぶっちゃけもともとが黒人になりたかったイギリス人なわけだし。

それにまぁストーンズのコピーバンドってのもね・・・個人的にうーん(笑)ってのあるし。やったことないんですよ。カバー曲もほとんどやったことがない。

でももちろん自宅ではギターはそれこそストーンズばっかコピーしてた時期があったから、そりゃもうサティスファクションあたりは目をつぶったって弾けますよ。

調子に乗って頭になんか巻いてギターを弾いてる著者。

というわけで

今年も無事楽しいお祭りとなりました。お客さんもいっぱい来てたし、フードは美味しかったし、ほんとお店主催のライブイベントって意味で大成功じゃないでしょうか。

ただSPECIAL BANDステージのときのテラウチ君の話が年々長くなってる気がするのよね(笑)一曲一曲話が長いから身体が冷えるっつーの(笑)

まぁ本人もマイクで言ってたけど「この夜を終わりたくないんだ(福島訛りで)」ってことなんでしょうね。そこはまぁヨシとしますか。主宰お疲れ様でしたってことで。

ではまたっ!!

今回紹介した曲が収録されているアルバム

[amazonjs asin=”B014G7FRGO” locale=”JP” title=”Never Mind The Bollocks, Here’s The Sex Pistols”]

[amazonjs asin=”B004VN7UU0″ locale=”JP” title=”ホット・スペース”]

[amazonjs asin=”B00VIQHTEK” locale=”JP” title=”スティッキー・フィンガーズ(デラックス・エディション)”]

スポンサーリンク
アドセンス




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス