散文的日常記録

散文的日常記録

散文的な日記は自分にとっては必要だ

自分のイビキの音で目が覚めた。時計を見ると14時20分。部屋には誰もいない。そういえば妻は依頼された写真撮影に、息子は叔母のところに遊びに行くと言ってたっけ。それにしても自分のイビキの音があんなにうるさいと思わなかった。まるでダイソンの掃除...
散文的日常記録

約束の写真

先月、保護者仲間のお父さんたちと企画し、剣道部の子たちを海へ集めて遊んだ。水遊びだけでなく、すいか割りや花火もやった。太陽が海の向こうへ沈む頃に「よし、みんなで夕陽に向かってジャンプしてる写真を撮ろう」と僕が提案した。すると一人の女の子が「...
散文的日常記録

八月に熱くなれ

以前書いたが、僕はオリンピック開催に賛成派ではあった。こういったことを明言するのは社会的情勢的にはばかれることではあるが、本当にシンプルに考えた結果、そういう気持ちなのだから仕方がない。シンプルとは何か?それはかつて小学6年生のときだった僕...
散文的日常記録

夏の足跡を刻む

22日からの四連休、前半から親も子も遊び過ぎて、最終日の昨日は一歩も外に出ずテレビでオリンピック観戦に努めた。何かと異論を唱えられる今大会ではあるが、レベルの高いスポーツ観戦が国内時間ぴったりにライヴ放送されるのは嬉しいし、何より頑張ってき...
散文的日常記録

毎朝メリケンサック

昨日川崎市の登戸で起きた事件をニュースで見た小3のせがれが真剣な顔で聞いてきた。「父ちゃん、北斗神拳はどこへ行けば習えるのだ?」あの凄惨な出来事は小学生の彼の心に怒りと恐怖を植えつけた。僕の寝室には木刀とメリケンサックが備えてある。事務所に...
散文的日常記録

ブラックホールの存在が確定したと聞いて

昨日「ブラックホールの撮影に成功した」というニュースをやっていた。M87銀河といえば、ウルトラマンの故郷である。劇中ではM78なのだが、これは台本の誤植で数字が逆になってしまったためで、本来はM87星雲の設定だったと新聞で読んだ。ブラックホ...
散文的日常記録

船が好きだった僕のおじさん

僕の母親は農家の末っ子として生まれた。父親を早くに亡くしたので一番上の兄が家長だった。いわゆる僕のおじさんである。彼は母が結婚するときに一つの条件を出した。それは「もし、男の子が産まれたら剣道を習わせること」彼の思惑通りに僕は男の子として生...
散文的日常記録

疲れて寝る。そして夢を見る。

一昨日、息子が通う小学校で卒業式が行われた。僕の息子はまだ2年生なのだが、立場上、僕も出席させて頂いた。今年度の卒業生には顔なじみの子も多い。ある期間カメラを持って密着取材をしたから色々と思うことがある。中でも近所の女の子達が、中学の制服を...
散文的日常記録

今はもういないしんちゃんの写真をたくさん撮った話。

気が付けば僕はものすごい近代設備が整ったとある大病院のエントランスにいた。手には先日思い切って手に入れたデジタル一眼レフのフルサイズ機「EOS 6D」がある。古かろうが何だろうがとりあえずフルサイズ機。もうこれで自分で撮った写真を見ながら根...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました